« XSERVE G5が壊れた | トップページ | RAIDデータ救済の難しさ »

瀬戸際です

 先ほどまでNHKで「セーフティネットクライシス」という医療保険・生活保護の崩壊を描く番組を見ていました。
 一方で朝刊に小さい扱いで町村官房長官が「道路特定財源が一般財源化したらなんらかの理由を付けてガソリンの税率を上げる」とのとんでもない発言。(なんでこんな大事な発言の扱いが小さいのかちょっと意外。にしてもえらく開き直った物言いじゃない?)
 
 この二つの話題、一見矛盾はしていません。 社会保障に金がかかる→税金をあげる。
 でもここで「なるほど」と思ってはいけません。
 一般財源になって道路族が使える金が減る、そして人質の地方に回す金も減る。 だからまた国民から巻き上げる。
 前にも書きましたが、国は未だに車に乗っている人は余裕のある人と思っているのです。
 むしろ今は車が無くては暮らせない人々の方が追いつめられており、比較的余裕のある人は車は持っていながらも他の交通機関を利用できる条件のところに住んでいるのでは?
 
 しつこいようですが今の政官癒着の政治では節約は全くやる気はありません。 限界なのです。
 国土交通省の道路関係だけでもあれだけの無駄な法人と金を暴かれた以上、他の部門も徹底的にやれば多くの人に取ってライフラインとも言えるガソリンからさらに金を絞らなくても福祉は拡充できるはず、にもかかわらず。
 
 もっと低次元なレベルで気に触るのがこの町村、ガソリンから税金を取るのを正当化するために「地球温暖化防止のためにも」という言葉を使ったこと。
 
 お願いですから水の無いプールに飛び込んでください。 砂漠でラクダに逃げられてください。

|

« XSERVE G5が壊れた | トップページ | RAIDデータ救済の難しさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸際です:

« XSERVE G5が壊れた | トップページ | RAIDデータ救済の難しさ »