« また、飲もう | トップページ | マスクは苦手 »

インプラント計画再始動

 以前歯槽膿漏になった奥歯を抜き、そのときはインプラント化に向けての準備までして終えたのですが、今その記事を検索してみたらもう一年経っていました。
 え〜? 気持ち的には半年くらいしか経ってない気がするのに。
 
 奥から二本目の歯を抜いたせいで三本目が倒れてきたのでいよいよ、と腰を上げとは言え、そりゃ一年も経てば倒れもするわなぁ、と今更になって納得。
 
 その間に全く歯を放置していた訳ではなく、歳とともに左が欠け、右が欠けていた前歯を先に治療したりとぼちぼちと対策はしていました。 お陰で硬い草加せんべいもバリバリ食えるようになったのは有り難い限りです。(年寄りか...)
 
 インプラントについては今更私が説明するまでもありませんが、要するに抜いた歯の穴に人口骨を作り込み、そこにチタンの土台を打ち込んで、その土台の穴に義歯を立て付けるというものです。
 
 前回の抜歯時にその人工骨になる素材は埋め込んであり、既に十分整形されています。
 んで昨日、歯肉をぱかっと開いて上記工事を終え、再び歯肉で包むように縫合、土台をさらにしっかりと支えるように人工骨が固まった三ヶ月後に本来の義歯を入れます。
 
 ガシガシ歯肉を剥がしたり、ドリルで人工骨に穴をあけるときには相当な振動が頭蓋骨に響くものの、麻酔を入念にしてくれたお陰で痛みは全くありません。
 
 さすがに麻酔が覚めた今はちょっと頬が腫れています。 でも痛みはありません。
 
 もともと私は左の奥歯でものを噛む癖があったのを、この抜歯で右に切り替え、慣れたとは言うものの微妙な違和感がまだ残っています。
 それが三ヶ月後とは言えまた本来の左で噛む事ができるわけで、楽しみに八月を待ちたいと思います。

|

« また、飲もう | トップページ | マスクは苦手 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプラント計画再始動:

« また、飲もう | トップページ | マスクは苦手 »