« なんだか非常にムカついた | トップページ | DoCoMoやっぱり一人負け »

おまえらアホか

 昨日に続いて怒りが続いているような題名ですが、淡々としたものですからご安心ください。
 
 昨日、頼まれた買い物をするために母親の家に。
 途中、対向車のパッシングがあり、いつも定番の場所でねずみ取りをやっているのをみかけました。
 
 初めて通りかかる人には気の毒ながら、ここは昼前後には結構やっているので地元民は誰も引っかかりません。 せいぜいスタートダッシュが癖になっているボケた原付スクーターくらい。
 警察官も手持ち無沙汰そうに春の日差しを楽しみながら婦人警官数名を交えて道路脇でご談笑。
 
 いつまでこんな低能な取り締まりをするんでしょうね、警察は。
 制限40kmの道を100km出すような本当の狂人は高機能ディテクターつけてますってば。

 速度を落とせば良い、と言っても結局停止してない限りは事故のリスクはゼロにならないわけで、制限速度がいかに科学的かという論拠もありません。 そしてそれを警察官と議論しても「それは公安委員会」と相手にしてもらえず、裁判にまで持ち込んでもまず国民に勝ち目はないでしょう。
 
 いつも同じ場所、同じ時刻で行う無駄な儀式。 ただし、客観的なデータが揃っているために、裁判になっても99.9%警察・検察の勝ち。
 要するにこれも昨日の記事のパスワードと同じく、彼らがいかに交通安全のための仕事をしているかを示す自らの組織の保身にしかすぎません。
 
 確かに長年のこの痴呆的取り締まりのおかげでアクセルを踏まないドライバーが増えました。 歴代交通警察関係者は感無量のことでしょう。
 しかしそれで事故と死傷者は減ったのか? 確かに死亡者数は目立って減少したものの、それはエアバッグやABSなどの車のハードの進化のおかげ。
 
 結局、ノロノロ走ってレミングのように前車に追従し、信号が赤だろうが横断歩道脇に人がいようがそのままノロノロ。 メリハリのない無思考ドライバーを増やしただけです。
 
 今頃になって「最近の車は車内が家の部屋のようになって注意力が散漫になっている」という警告を出していますが、それは走ることから興味をそぎ落としたあんたらが作り出した痴呆集団です。
 車のCMに出てくるような前後に一台も車がいない道路なんて実際には幻で、仮にあってもアクセル踏めば、はい御用。 そりゃ車は白もの化するはずだし、トヨタがスバルに出資しても誰も日本じゃスポーツカーなんて興味を持てる訳がありません。
 
 昼下がりの木陰で談笑している間があれば、蛆ドライバー、視野狭窄でろくに前も見えない杖ドライバー、無灯火やツール・ド・フランス気取りの自転車乗り、日本は右側通行と思っている奴ら、飲み屋前に駐車しているドライバーのあぶり出しせえよ。
 って、これってみんな立件するのに結構手間ひまが要りますね。 戦後マスコミが警察の取り締まりを虐めすぎたのかもしれません。
 でもほっとけば密室取り調べで家族の写真踏ませたりする連中ですから仕方ありません。
 要するに国民の信頼を得るには腐りすぎてるんです>日本の警察
 
 結局母親の買い物の都合でそのねずみ取り取り締まりの現場は三回通りましたが、中指立てるのは忘れておりません。

|

« なんだか非常にムカついた | トップページ | DoCoMoやっぱり一人負け »

」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

ども。

投稿: あやおば | 2008年4月14日 (月) 02時18分

ロックですね

投稿: mush | 2008年4月13日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまえらアホか:

« なんだか非常にムカついた | トップページ | DoCoMoやっぱり一人負け »