« やっとTZ-DCH2000導入 | トップページ | テレビ・ルネッサンス »

暫定税率期限切れに絡んで

 どうやら暫定税率の年度内継続は無理となったようで、とりあえずはガソリンはリッター辺り25円ほど下がることになるようです。 
 まずはこれは喜ばしいこと。
 
 と、言っても単に安くなる安くなると浮かれているわけではありません。
 何よりも今回のドタバタで「暫定」という名の税金が何十年もあたかも恒久税であるかのように続いて来たことに対してやっとまともに国民の関心の目が向けられたことは非常に重要なことだからです。
 
 高度経済成長期にとりあえず取りやすいところか取るという安易な発想で、しかしそれ故に期間限定で設定された税金を事実上固定化してきたのですから、これはねじれ国会の賜物です。
 加えて今までどちらかというと隠語的な存在だった「道路族」というゴキブリたちの存在が実名入りで連日どんどん報道されていることは「鉄道族」議員にある種恨み的なものを持つ私としては素直にざまみろ的な印象を持っています。
 
 一方で地方の財源不足の問題も取り上げられており、これを無視するかのような民主党の態度があれこれ言われる中、私はむしろこういう人質的な組み合わせで、これまでこの暫定税をもっともらしい理由を付けてずるずると引っ張って来た歴代道路族の狡猾さを改めて思い知りました。
 
 さて、ここまでは前置きでして、私が今答えを出し切れていないのが先日の福田首相の奇策に対する答えです。
 
 自民党内部をぶっちぎって一般財源化すると言い切ったわけですから、これを野党が呑むべきだったかどうか?
 どのみち今回の騒ぎは衆議院で再可決されて元の木阿弥になる運命。 そうなったら政府与党は何も無かったかのように忘れてしまうでしょう。 もちろん道路特定財源のままで。
 ならば、先日の首相の提案を言質にして暫定税は生き残る(あるいは税率低減も含めて)かわりに一般財源化してしまえば、道路族議員の息の根は止められないにしても去勢することくらいはできるし、地方への財源にも不自由することはありません。
 
 再可決されてしまえばもうこの線に戻ることはあり得ませんから、もしかすると野党は一度限りの泥沼脱出の機会を失ってしまったのではないかという考えを私は持ちました。
 
 しかしほとんどのマスコミは、自民党内部の完全な了解を得ずにこのような奇策にしか出れなかった首相のリーダーシップ欠落を指摘する方が多く、う〜ん、私の読み違いかなとも。
 
 しかし一方で窮状を訴える地方の知事たちに、一言でもずさんな道路財政に対して苦言を呈する人はいるんでしょうか。
 仮に「それよりも地方への金」としか捉えていないのであれば、国への隷属ぶりが情けなさすぎます。
 
 あとひとつ。
 次元の低い与野党攻防の材料にCO2削減を持ち出さないでほしい。 これを話のすり替えと言います。
 そんなこと常日頃考えている政府とは思えないから。(いや、国民も、ですね。 反省)

|

« やっとTZ-DCH2000導入 | トップページ | テレビ・ルネッサンス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、実現してしまいましたねぇ。

私がいつも利用するセルフのスタンドは朝の段階はこれまで通りの価格でしたが、夕方再び通ったら120円台になってました。

その他、昼に通りかかったスタンドでは124円で、数台ながら一般道に溢れて行列が。

とは言っても私は先週満タンにしたからこの恩恵に与れるのはまだ先のことになりそうです...

投稿: あやおば | 2008年4月 1日 (火) 19時36分

もうすぐ暫定税率期限切れですね。
ホントに?
土壇場で「実はエイプリルフールの冗談でした」で終わったりして。

投稿: DS | 2008年3月30日 (日) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暫定税率期限切れに絡んで:

« やっとTZ-DCH2000導入 | トップページ | テレビ・ルネッサンス »