« 毎度のことながら | トップページ | ピタゴラスは偉大 »

Apple Bluetooth製品をWinへ

 確定申告も何とか終わり、あとは提出するだけとなりました。 電卓と集計用紙の頃から考えると信じられないほど楽になったのは間違いないです。
 特に変なこともしていないので、数十万取られた源泉徴収税は全額返ってくるでしょう.
 
 んで、事務所にデジカメを持って行って前回のblogにも書いたApple Wireless keyboardMightyMouseをVAIO typeU用にセットした写真を掲載します。

Twin_keyboard

 要するに携帯電話と同じく、日本ではBluetooth規格の商品が少なすぎるのです。
 
 もともと使っていた東京モーターショーの粗品のワイヤレスマウスが徐々に調子が悪くなり、ただで貰ったものに文句を言うわけにも行かず、次に買うなら不格好なワイヤレスレシーバーなんてないBluetoothマウスを買おうと思ったのです。
 
 ところがこれが圧倒的に数が少ない。
 ヨドバシのようなマウスだけで下手すると百種類くらい置いてあるんじゃないかと思うようなところでも十種類あるかどうかで、あっても今流行のエイリアンみたいなこねくり回した饅頭のようなものばかりで、今でも愛用しているLogicoolのトラベラーのようなこじんまりしたものはありません。
 
 仕方ないので持ち歩きには不便とは覚悟しつつもAppleのMighty Mouseを選んだというわけです。
 一見ワンボタンのように見えてちゃんと左右クリックが独立しており、へそのようなボールで上下スクロールも特別なドライバー無しで可能です。 ただしMac OSでは可能な左右スクロール、スクロールボールのボタン、サイドボタンは非対応。(これもマウスのユーティリティを入れれば何とかなるでしょうけど、ちょっと怖い
 
 キーボードは写真に写っているUSB接続のアルミ製で非常に薄いAppleキーボードと同時期に出たBluetoothワイヤレス版です。 キータッチも全く同じ。
 typeUとほぼ同時期に買ったREUDOの折りたたみキーボードは出先では内蔵されたスタンドも相まって重宝しております。
 とは言え、やはりキータッチの貧しさは隠し様も無く、加えてたまに全く反応しなくなるトラブルに見舞われ、その度に電池ケースのふたを外して電池を一旦外すというリセットをしなくてはなりません。
 
 このtypeUを使った仕事もこれまでの週二日程度からほぼ毎日に拡大したために、それならちょっとこだわったキーボードを奢ってもいいかな、と思い、どうせならワイヤレスで揃えよう、ということになったのです。
 
Bluetooth typeUからの認識はBluetooth設定ユーティリティを立ち上げると要求されるPINコードにMightyMouseは"0000"を、キーボードは画面に表示される数字を入力することで行えば簡単に認識。
 ただ、キーボードの方はちょっと癖があって、ドライバーのインストールをまず要求してきます。(なぜかもう一台の予備typeUではこの作業は必要なかった)
 幸い、xpの標準セットの中にドライバー(TOSHIBA製)があり、ウィザードが自動で見つけてインストールすることができます。 しかし、これで作業が終了したわけではなくこのあと設定ユーティリティのキーボードアイコンをダブルクリックして先のPINコード入力に進みます。
 
 しっぽの有る無し以外は全く同じ形のマウスが机の右側に二つあるのはたまに握り間違えますが、粗品マウスと比べてクリック感がしっかりし、たったこれだけのことでもWindowsを使う苦痛が少し和らぎます。
 キーボードは非常に薄いのでMacしか使わない時にはサイドテーブルの薄い引き出しの中にしまうことができるのですっきりします。
 
 しかし携帯電話と言い、パソコンの世界と言い、どうしてBluetooth製品って日本では普及しない(普及させようとしない)んでしょうかねぇ... やっぱりロイヤリティが高いのかなぁ?
 誰か教えて。

|

« 毎度のことながら | トップページ | ピタゴラスは偉大 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/40481981

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Bluetooth製品をWinへ:

« 毎度のことながら | トップページ | ピタゴラスは偉大 »