« らしいと言えばらしい | トップページ | チャントヤリマシタ »

勉強はした方がいいわ

 てな歌を森高千里が歌ってたのを初めて聞いたコンビニはもうとっくに潰れてしまいました。
 たまには真面目な話をしたいと。
 
 数時間前、テレビをつけたらNHKで「爆笑学問」のスペシャルをやってました。 その後は「米国の闇」という番組。
 どう転んでも民放ではできないものばかり。
 
 前者は爆笑問題が難しい話を実にうまく切り込んで、しかも相手の天才をうまく乗せるという手法で「難しい話を簡単に」伝えています。 しかし後者は「難しい話をそのまま難しく」伝えています。
 NHKは別途「解体新SHOW」という番組で体のしくみを面白おかしくも伝えていますが、裏番組が「エンタの神様」。 我が家で「解体新SHOW」を見ているのは私だけ。
 
 難しいことをお笑いタレントが出て来て面白おかしく簡単に紹介しようという試みは民放でもやっています。 それはそれで評価されるべきですが、開き直って考えると「難しいことは難しい」という覚悟も必要ではないでしょうか。
 と、言うか「難しいことは笑いながら逃げてごまかす」という風潮が当たり前にされすぎているのではないかと。
 
 脳の思考回路は筋肉と同じであると聞いたことがあります。
 これが本当なら筋肉と同じく、たまには通常を超える運動量を与えないとどんどん退化することになります。
 であるなら、難しいことは難しいなりに真正面から受け止める、つまり広い意味での勉強は続けないとえらいことになるのではないかとずっと思っています。
 
 ここで大事なのはこの時点でその難しいことが理解できなくても良い、ということです。
 理解できなかった難しいことや、部分的にしか理解できなかったことを脳みそのそこらかしこに放置し、さらにどんどん積み上げ続けることで、何かの拍子にそれらが結びついて「あ、そうなのか!」と閃く瞬間がある、という私の持論です。
 いわゆる古くからアメリカの古いアニメでよく使われた『電球ピカ!』です。
 その快感はどう説明すれば良いのか、経験したことの無い人に説明するのは難しいのですが、ふざけて言うと創聖のアクエリオンの合体の快感、真面目に言っても性的な快感にベクトルとしては同じであると思います。 ジグソーパズルが完成した瞬間、と言っても良いかもしれません。
 
 その快感を体験するとバカ化への恐怖に目覚めるし、勉強への飢餓感が湧いてくる筈です。
 
 テレビって言うのはそういう目的に使う限りは今でも非常に優れたメディアであるわけで、少なくてもバカを売り物にしているタレントを見て「自分よりバカがいる」と安堵感を与えてもらう為のメディアではないということを私は言いたい。
 
 誰に?
 
 「自分の家族に」
 
 知的好奇心の無いやつは嫌いだ。

|

« らしいと言えばらしい | トップページ | チャントヤリマシタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

どもども、今年もよろしくお願いします。

ちょっと仕事でバタバタしてしまってコメントが遅れました。 いや、結局今年も相変わらず忙しい年のようです。

アハ体験、茂木さんが広めているやつですね。
aha、そっかぁ!、電球ピカ、表現はなんでも良いですが要するにそういうことだと思います。

確かに言われてみれば歳をとってからの感覚なのかも知れません。 それだけ脳内にさまよう知識がうず高く積もってからの臨界と言うか。
それだけにそのコツや快感を若い人に伝えてできるだけ早いうちに臨界点を突破してもらいたいとも思います。
ま、これも老婆(爺)心かもしれませんが...

投稿: あやおば | 2008年1月 7日 (月) 00時32分

怪おばさんの考えに同感です。

知識以外のことでも、変なことの経験、体験が何かの拍子でまったく別なことに繋がる瞬間って、なんだかとっても気持ちイイのです。ブレイクスルーの瞬間、とでも言いますか・・・。

これはある程度年を取り、良いこと悪いことひっくるめて人生の経験値が上がってきたからこそ得られる物なのかもしれません。

ある瞬間に「回路が繋がる」のは、最近耳にするようになった「アハ体験」と同じようなもんだと思います。

> 知的好奇心の無いやつは嫌いだ。

某mixiの某コミュで、バカなニュースを肴にして笑う、なんてことを楽しんでおります。知的好奇心旺盛ないろんな方面の物好きがオブラートに包んだ下ネタに走っていくのを見て、爆笑することも多々ありますですよ。
深夜なのに迷惑な話ではありますね(^^;。

投稿: たけぴ | 2008年1月 5日 (土) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強はした方がいいわ:

« らしいと言えばらしい | トップページ | チャントヤリマシタ »