« 豚に真珠、家族にパソコン | トップページ | typeUにW05K »

そしてauのデータ定額プランへ

W05k

 こっちのコメントに書いた通り、本日auの新しいデータプランとW05Kを契約しました。
 
 ここで「イー・モバイルが現在の携帯電話規模のサービスエリア程度までサービス範囲を広げるまで...」と書いたものの、2.5GHzの免許が降りた今、PCからのモバイルデータ通信はこの免許を基に実施されるWiMAXが最終地点と訂正します。
 
 で、私の求めているモバイルデータ通信は、「1.料金が定額」「2.サービスエリアが広い」「3.プロトコルを限定しない」の三つでした。
 携帯三社にWILLCOM、emobileを候補に加えて検討し続けて来ましたが、
 1.安さを感じないsoftbankが脱落。
 2.でWILLCOMとemobileは脱落。
 3.DoCoMoが脱落。
 
 ということでauに落ち着きました。
 au(KDDI)はWiMAXの免許が降りたチームですので、2009年夏といわれるサービス開始以降もうまくゆくと有利な乗り換えプランが用意される可能性もあります。
 
 ハード料金はフルサポートで税込10,290円。 WiMAXのサービス開始予定から半年程オーバーの2年縛りですが、これは許容範囲だと選択。 私は携帯電話はDoCoMoがメインなのでau携帯とセットになる割引はなし。
 ただし、現在はキャンペーン期間中ということで月々の定額使用料はフルサポートの3,150円ではなく、2,205円のシンプルコースと同じ料金が適用される、とのこと。
 これに例のパケット通信料上限額である3,780円が加わっても月々最大6,930円となるそうです。
 
 もちろん、忘れてはならないのはこれにプロバイダ料金を別途支払うわけで、私が選択した@niftyのpacketWINの接続時間料金が加わります。 これが@niftyのページでは接続方法と計算式の説明は分かりやすく説明されているんだけど、肝心の接続料金が分かりません。
 
 ...と、真剣に探してみたら30分かかってたどり着きました。 会員サポートからではなく、一般の人向けとしか料金は記載されてませんでした。 不便。
 
 とにかく私のコースの場合1分5.25円!。 こまめに切らなくちゃね。
 
 形だけのsoftbankとあわせるとこれでとうとう携帯三社と全部契約したことになります。
 思い起こせば昨年の今頃突如softbankのX01HTに目覚めてからさまよい始めたデータ通信放浪。
 メインのDoCoMoがBluetooth+ハイスピード+プロトコルに縛りの無いPC定額プランさえ用意してくれればここまで彷徨わなくってもよかったのにね...
 
 typeUへのインストールから接続速度の報告はまた明日でも...

|

« 豚に真珠、家族にパソコン | トップページ | typeUにW05K »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/17488349

この記事へのトラックバック一覧です: そしてauのデータ定額プランへ:

« 豚に真珠、家族にパソコン | トップページ | typeUにW05K »