« I want to be a paperback writer | トップページ | 只の日記 »

絶対おかしいX server

 昨夜、同僚の教師から学生向けの一斉メール送信システムがおかしいとの連絡あり。
 
 先日、いつの間にか勝手に一部のディレクトリが消えていたので、また"file not found 404"かと思って接続してみたらphpのエラーメッセージでした。
 れれ? これまでず〜〜っとまともに動いていたし、表示されているエラーで止まったこと等ありませんし、PHPのバージョンも含めて一切いじっていません。
 
 エラーの内容はPHPから叩いているSQLサーバーが見当たらないということで、こういう時は他に原因があるものです。
 結局DNSサーバーからAレコードやnsレコードが奇麗さっぱり消えていました。
 正確にはX serverインストール直後のlocalhost関連は残っています。 というか、書き換えられたんでしょう。
 
 そう言えばこないだPanther用のセキュリティアップデート当てたなぁ、と真っ先に疑ったものの、よく考えるとその後に私自らがメール送信をやっています。
 じゃ、やっぱり誰かがハッキング?と思ってログを見てもそれらしい形跡は無し。 第一先日の一部ディレクトリー消えも含めてDNSを消してしまうってのも面倒な悪事な訳で今ひとつピンと来ません。
 例のサーバー管理アプリケーションのアップデートは事務所のPowerMacに施したけど、一度もこのトラブったサーバーには接続していません。

 そう言えば、先週職員室のマシンからメール送信サイトに入ろうとしたら接続できなかったなぁ...
 移動して他の教室のMacからは問題なく見えたので、単にネット側の一時的なトラブルかと思っていたのが怪しいかも。 とするとやっぱりあのセキュリティアップデート?
 
 どう考えてもAppleのせいとしか思えませんが、言い切れる証拠も無く、非常に不気味なトラブルの連続です。
 真夏以外はずーっと手のかからない良い子だったんだけどなぁ、あのサーバー。
 今後が怖い。

|

« I want to be a paperback writer | トップページ | 只の日記 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/17135193

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対おかしいX server:

« I want to be a paperback writer | トップページ | 只の日記 »