« USB周りには気をつけよう | トップページ | 今から行きます東京モーターショー »

typeUと外付けマウス

 東京雑記の続きを書きたいのですが、眠たくてそんな難しいことは無理。
 ということでtypeUネタを簡単に。
 
 typeUはマウスも接続できますので、据え置きで使う時にはLogitech(Logicool)の"Mouseman Traveler"という小振りのを使っています。 これはいつもPowerBookでも使っており、結構気に入っています。(事務所と自宅で合計三台も持っています)
 
 しかしtypeUに接続する度に「新しいUSBデバイスが見つかりました」とお節介。 Macは何も言われずに使えるぞ。
 そこでLogitechの純正ドライバーをインストールするとそのお節介メッセージはなりを潜めました。
 
 ところがこいつが曲者で、typeU本来のポインティングデバイスのドライバーを食ってしまうようで、右上のポインティングスティックのプレスセレクトを勝手にONにしてしまいます。
 プログラム>VAIOの設定で設定し直そうにも出てくるのはLogitechのマウスのコントロールパネルのみでどうしようもありません。
 
 ユーザーは知っている通り、あのプレスセレクトは全く節度感がなく、特に急いでポインタを移動させる時に勝手にプレス状態になっていろんなものを道連れに選択したり勝手にクリックしたりと私は全く使う気にならない機能です。
 それが勝手にONになるんだから、とてもじゃないけどスタンドアロン状態では使い物になりません。
 
 結局、Logitechのプログラムの削除のみでは解決せず、コントロールパネル>システム>ハードウエア>デバイスマネージャ>マウスとその他のポインティングデバイス、からマウスを選択し、ドライバーを削除をする羽目になりました。
 結果は良くできたもので(いや、良くできていたらこんな事にはならないんだけど)、削除>再起動後にさらにtypeU独自の修復インストール機能が働くようで、さらに再起動をすることでLogitechのドライバーに食われて見えなくなっていた"Alps StickPointer for VAIO"というデバイスが再び現れて事なきを得ることができました。
 多分、一回目の再起動でWindows純正ドライバーが選択され、それを感知してtypeUが自前のドライバーに入れ替えるようなプログラムが加えられているのでしょう。
 
 このLogitechのマウス自体はMacはもちろん、他のWindowsノートに挿しても別にマシン本体のポインティングデバイスに不具合を起こすことはありませんので、恐らくこの"Alps StickPointer for VAIO"との相性なんでしょうね。
 マウスを接続する度にお節介メッセージが出る状態に逆戻りとなってしまいましたが、う〜ん、仕方ないのかな、これは。
 
 と、Windowsって、この"Alps"もそうですが、タッチスクリーンは"GUNZE USB Touch Panel"とか結構納入元と言うかデバイスメーカーの名前が出ちゃうんですね。
 "Alps"って多分あの伝説の初代Mac用キーボードのキースイッチも作ったアルプス電気でしょうし、"GUNZE"はグンゼ産業のことでしょう。
 
 いやぁ、頑張ってますね>日本のデバイス産業

|

« USB周りには気をつけよう | トップページ | 今から行きます東京モーターショー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/16834542

この記事へのトラックバック一覧です: typeUと外付けマウス:

« USB周りには気をつけよう | トップページ | 今から行きます東京モーターショー »