« 相撲界の低能さ | トップページ | 手のひら返す与党 »

ネットマネーの脆さ

 健康食品会社のL&Gの経営が事実上行き詰まったという報道が昨日ありましたが、この会社「円天」と呼ばれる独自通貨を発行していたそうですね。 私はこちらの方が興味深く感じました。
 
 この「円天」(しかしこの名前からして「楽天」のパチもんっぽい)に限らず、現在ネット上の通貨が話題になっています。
 それぞれの閉ざされた世界だけの通貨であれば実際に地方振興策の一つとして地場通貨もリアルの世界で実施されていますが、最近のネット通貨は実際のお金と換金ができると言うのが話題でもあり、人気の源泉でもあり、そして危険な香りがするのです。
 
 先日、とある人と酒を飲みながらこの話題になった折、「あの手のネット通貨が実貨幣への全額換金準備をしているとは思えない。一斉に取付け騒ぎになったら大変だろうねぇ」という話になりました。
 
 通貨と言うのは今更説明するまでもなく、本来は一定の金(きん:ゴールド)と等価値の引換券であったわけで、常にその量は釣り合っていました。 しかしそれでは時代にそぐわなくなったので金との交換は止めて、その価値保証を国なりの発行機関がすることで今の我々が言う「お金」になったわけです。(専門家の方からはいろいろ突っ込みどころもあるでしょうが、取り敢えずざっくり、という切り口で)
 冒頭の地場通貨にしても地方自治体がしっかりとした換金保証を担っているから成り立っています。
 
 だから稀に国の制度が戦争やクーデターで崩壊すると我々が「お金」と思っていたものはただの紙切れ or ありふれた金属の山に化けてしまうのもご存知なところ。
 
 そんな「お金」を、いちネット組織が発行することの底の浅さにみんな気がついているんでしょうか?という危惧が本日の言いたいことです。
 今様々な商行為で行われているポイント制度も似たようなものですが、これはあくまで本来の商行為の一定の割合内での割引行為のプールであって、仮にこれを通貨だと見ても、財源はその時点で確保されているのが「ネットマネー」との違いです。(もちろんこれもその会社が倒産すればパーです)
 
 ただ、何となくそのポイント制の流れでネットマネーにも抵抗なく馴染んでいる風潮が怖いのです。
 
 一定のお金を払ってネットマネーを買い、それをネット上でオークションやフリーマーケット、さらにはギャンブルめいたことで増やす、つまり運用させたいと誰しもが思うわけで、増やした者への損した者からの金銭徴収がはたしていちネット組織でできるのか? 払い込まれた金の元本保証は?
 それが簡単にできるのであれば日銀もIMFも国際為替銀行も要らないと私は思うし、ある意味で国家の崩壊をも意味します。(あのGoogleでさえ"Google money"を意識しながら、しかしそれを実行すると国や世界が黙っていないことを考えて今睨み合いが続いているわけですが、それはさておき)
 
 私は俗にネットを盛り上げるには「エロ・カネ・野次馬」の三つが手っ取り早いアイテムだと以前から捉えており、具体的には名前は挙げませんが、最近バーチャルの世界で現実とは別の人生を楽しもう、という動きが盛んな中、私にはいかにもネットバブル亡者の駆け込みビジネスの様な気がしてなりません。
 
 これが単なる中年おじさんの時代錯誤の杞憂であれば良いのですが...

|

« 相撲界の低能さ | トップページ | 手のひら返す与党 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/16624555

この記事へのトラックバック一覧です: ネットマネーの脆さ:

» IMFは効率化を図らなければ生き残れず [インドア アンテナ]
IMFは効率化を図らなければ生き残れず=次期専務理事2007年 10月 2日 08:47 JST [パリ 1日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)の次期専務理事に選出されたフランスのストロスカーン元財務相は1日、IMFは新たな世界経済秩序に適応し、効率化を図る必要があり、そうしなければ生き残れないとの考えを明らかにした。 ラト専務理事の後任として11月1日に就任するストロスカーン氏は、後任に選出されて以来初の記者会見で「最終的には、IMFの生存は危機に�... [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 09時05分

« 相撲界の低能さ | トップページ | 手のひら返す与党 »