« ヘッドホンを変えてみた | トップページ | やっぱり眠たいだけのボンボンだった »

キーボードも変えてみた

 新しいiPodはとりあえず見送って、ヘッドホンを変えた私ですが、実はiPodより少し前から気になっていたApple製品がありました。
 それは新しいキーボード。 あのiMacに付属のアルミの非常に薄い奴です。
 Keyboard_now

 事務所ではPowerMac G5 quadについていた透明枠に覆われた白いタイプを使っており、これは歴代Apple純正キーボードの中でも最悪でした。
 もともと私のAppleのキーボード歴は初代標準キーボードから始まり、これは20年前でも確か1万7千円ほどしましたが、何よりキータッチが最高でした。 このキーボードでFCARの発言や夜中のチャットも含め、恐らく天文学的な量の文字を入力し、今でもUSキーボード配列を好むのはこの逸品のせいでもあります。
 この部品を作っていた日本のアルプス電気はかなり以前に部品製造を中止し、その内かつて最悪のキータッチAppleノートブックと呼ばれたPowerBook Duoを使いだした事もあり、悪貨に慣れて来たのも事実です。
 
 にしても、このPowerMac G5付属のキーボードはホントに酷くて、斜め方向からキーを押すと一瞬ググっとキーが引っかかったり、中途半端に湾曲している盤面のおかげで突き指気味で疲れたりと、いつのまにかまとまった文章は家に帰ってPowerBook G4でやるようになってしまった程。
 
 がしかし。
 数ヶ月前、今度の新しいキーボードを見て何よりそのデザインの格好良さに心を奪われることに。
 ただ、あまりの薄さですからタッチが心配です。 でもその後ヨドバシで実物を叩いてみて、「これならいいかも」と懸念払拭。
 もちろん、初代標準キーボードとは全く違うタッチです。 ただここ一年ほどでPowerBook G4のストロークは短いながら非常に固い板の上にキーが着地する感触に慣れていたせいもあるでしょう。
 初代標準キーボードは二度と得られない幻のようなものだと諦めました。(って、事務所のDTPマシン用に一台、予備も入れれば合計三枚まだ持ってるんだけど)
 Keyboard_old
 Appleの公式情報ではOS X 10.4.10以降対応となっているものの、これはFキーと兼用となったWidgetや音楽再生ボタンの機能を有効にするための制限で、単に普通のUSBキーボードとして使うなら10.3.9でも、Windows xpのtypeUでもちゃんと使えます。
 日本人ユーザーの間で問題になっているcaps lockボタンが右下に移動してしまった問題も、US配列ではこれまで通りの左中段で、私には幸いしました。
 ただ、私のようにcaps lockで日本語/英語入力を切り替えている人は日本人のMacユーザーでは少数派でしょうから、実際に使ううちに大した問題ではなくなるかもしれません。
 
 今、このblogの文章は事務所で入力していて既に30分ほど経ちます。
 感触はカシャカシャという感触ではなく、どちらかというと指をキーの上で滑らせるようなイメージです。
 薄いが故に手首の角度は結構寝ていて、まだ慣れていないせいか力を入れすぎて少々手首から先が疲れている気もします。 ただ、これだけの文章量を前のキーボードで入力したらもっとストレスが溜まっていたはずですから(だいたい一度もこのblogを事務所のMacで更新した事が無い)なにより最初に参ってしまったデザインの魅力と合わせれば文句無く満足です。
 
 肝心のデザインについては、私の事務所のメインマシンは液晶モニターをアームでVESAマウントしており、もともと机の上はすっきりしています。 このキーボードはさらにそのイメージを深めてくれました。
 その点では本来はBluetooth版にしてもよかったんだけど、確定申告のときなんかにはやっぱりテンキーは欲しいのでそちらは諦めました。(typeU用にBluetoothマウスは一個欲しいんだけど…)
 
 SFものでオペレーターがコンソールの上に張り付いたかのような薄いキーボードを操作しているのを子供の頃から見ていた私は、やっぱりこういうのにワクワクします。 って、あれって今から考えたらセットを作る手間や、アニメなら描くのが面倒くさいからああなったのかも、とも思いますけど。
 
 夏休み期間が終わって週休ゼロライフがまた始まったわけで、その疲れに追い討ちをかけるようなやる気をなくすキーボードと別れを告げる事ができたのは何より幸いでした。

|

« ヘッドホンを変えてみた | トップページ | やっぱり眠たいだけのボンボンだった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 自分でコメントします。

>>Windows xpのtypeUでもちゃんと使えます。

 これはtypeUに直刺ししての確認だったのですが、先日ポートリプリケーターのUSBポートに挿したら認識しませんでした。 直刺しにしたら認識するのですが。
 以前の透明枠キーボードの時はどちらでもOKだったので若干仕様が違うのかも知れません。

投稿: あやおば | 2007年9月15日 (土) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/16420807

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードも変えてみた:

« ヘッドホンを変えてみた | トップページ | やっぱり眠たいだけのボンボンだった »