« あかんやんiPhone | トップページ | typeUとあそぶ »

ようこそtypeU

Typeu

 VAIO typeUがやって来ました。
 法人向けアウトレットでxp pro搭載、Intel Core Solo U1400(1.2GHz)、512MB RAM、30GB HDというやつです。 買ったのではなく、業務受注先からの貸与の形となります。
 
 まだ忙しくて本格的なセッティングやテストは行っていませんが、何より小さい!
 写真で見るよりも実物の4.5インチ画面は小さいです。
 というか、これより小さい画面のPDAや携帯は多数あるんですが、1024×600の画素を詰め込むと大変な細かさなのです。
 これに50歳直前の視力となると、実際到着した日に三時間程触っているとはっきりと目の疲れが実感できます。
 実際にはアダプター経由で大型モニターに投影するのが殆どなのでそれほど心配していませんけど、いやぁ、フルOSのミニPCってのはこうなるんだ、と改めて驚きました。
 
 でも恐らくこの先、画面より困るのはキーボードでしょう。
 小さいのは当たり前として、感触、特に左右端の修飾キーのフィードバックが曖昧で、Shift+やAlt+押しなど、短時間触っただけでもイライラします。
 カメラ付と言うことで雑誌ではブログマシンという位置づけの紹介があったりしますが、写真+数行のコメントというスタイルで更新をする人はともかく、私の様にそこそこ長い文章を書くのはまず無理かと。(画面も小さいので推敲も難しい)
 
 まぁ、これもREUDOの折りたたみBluetoothキーボードを買うことで対応するつもりです。 すぐにも買いたいんだけど、私のtypeUは英語キーボードなのでRBK-2000BT II待ち、そしてこれが9月発売と言うことなのでしばらくは我慢です。
 
 具体的な運用は平日に学校やバイト先以外に行くとには携帯し、土日は事務所か自宅から業務となります。
 事務所では外付け液晶モニター+キーボードとなり、Mac用キーボードがどれだけWindowsマシンで使えるのかのチェックはまた後日報告します。
 
 まぁ、そんな小ささ故の新鮮な驚きはあるものの、もともとはいつでもどこでも業務であるサービス監視を可能にするためにこちらから提案したマシンですから、不便はあっても不満はありません。
 ただ、typeUが欲しいと言う人のために一般的なアドバイスをするなら、これ一台にパソコンの役目を期待するのは無理でしょう。 これは他に一台以上パソコンを持っている人のためのものです。
 「バイト代貯めて、最初のPCにtypeU」ってのは相当危険な行為かと。 設定一つにしても既にWindowsマシンで経験が無いと、タスクバー右下のミニアイコンなんて何が何だか判別できませんから。
 
 念のため報告するとX01HTでは無理だった業務は全て問題ありません。 フルOSだから当たり前と言えば当たり前ですけど、肝心のDRM付WMVは1Mストリームでもスムーズに再生でき、RAM不足の懸念は払拭できました。
 ただ、ところどころ動作がもっさりしている部分は1GBモデルならどうだったかとも思います。
 VPNもPacketiXで既に受注先が一足先に接続テストを終了しています。
 
 ま、当分はこれのお守りで楽しめるのは幸せな限り。 貸与だからタダだし...
(写真の画面ははめ込み合成、ストラップの車を所有しているわけではなく、ただ「赤」に惹かれました。下に敷いているのはPowerBook 12in.)

|

« あかんやんiPhone | トップページ | typeUとあそぶ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/15953767

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそtypeU:

« あかんやんiPhone | トップページ | typeUとあそぶ »