« 最後のCS2 | トップページ | いいのかな »

W204日本仕様

 家に帰ったらヤナセから大きい封筒が届いており、開いてみると新型CシリーズW204の案内でした。
 
 いわゆるプレ・カタログというやつで、ラインナップはC200K(コンプレッサー)エレガンス、C250エレガンス、C250アヴァンギャルド、C300アヴァンギャルド・AMGスポーツパッケージが記載されています。
 最も廉価になるであろうと思われていたC180Kは販売されないようで、ディーゼルモデルもありません。
 
 恐らく販売開始直後は相当なバックオーダーが出るでしょうから、その間だけC180Kを自粛し、ある程度落ち着いた時点で販売刺激策として登場させるのではないか、と私は想像しますが正解は当然ながら不明。
 
 少なくとも今回発売される上記四車種は全てビルトインHDDカーナビ(&マルチインフォメーション)標準で、欧州で用意されているクラシックパッケージに該当する装備のモデルは存在しません。
 このナビのモニター位置は秀逸で、輸入車純正でこれだけ見やすい位置に持って来たのは私の記憶ではボルボ以来ではないかと思います。 もっとも、最近の輸入車の情報はあんまり知らないのでいい加減ですけど、少なくともVW, Audi系のMMSよりはずっと安全かつ見やすい位置にあることは間違いありません。
 
 東京では既に今日5/14から銀座ソニービルで、名古屋では5/25から、大阪では6/1から展示イベントが開催され、当然商談もどんどん進んで行くと思われますが、今のところ正式販売開始の日程は「初夏」以外表示されていません。
 
 気になる価格ですが、180Kが無いこと、エレガンス/アヴァンギャルドパッケージのみであること、ワゴンボディがまだW204に無いことから当面販売継続されるW203 C200Kステーションワゴンが494万円、Bクラスの最上級車(B200T)が399万円、Eクラスセダンの最廉価版が753万円であることなどを考えるとC200Kエレガンスでも500万円を超えるのは間違いないと思います。
 ま、大凡の線は買う気であれば営業マンに聞けば教えてくれるでしょう。
 
 W203が出た時には何とも思いませんでしたけど、204は正直気になります。
 まぁ、私は買うことができたとしても二年後くらいの特別仕様車待ちですので、その時にC180Kが出ているのかなど、一つの楽しみにして様子眺めしかないですけどねぇ...
 私にとっての定番であるサンルーフ付けたらさらに高くなるんだろうなぁ...
 
 展示会の詳しい情報や、モニターキャンペーンの申込もできるページはこちらです。
 ドイツ本国仕様の情報はこちら

|

« 最後のCS2 | トップページ | いいのかな »

」カテゴリの記事

コメント

自分でコメントです。

日本での正式発表は6/22の様です。
既に価格等はディーラーで解るとは思いますが、オフィシャルではこの日が正式解禁となりますね。

投稿: あやおば | 2007年5月30日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W204日本仕様:

« 最後のCS2 | トップページ | いいのかな »