« 御礼! 2年と3万view | トップページ | 安倍晋三フルスロットル! »

それ違うよ、知事

 ZARDの死亡ニュースだけでも結構バイト先はざわめいたのに、さらに松岡大臣の自殺ニュース。
 当たり前とは言え、この二日間そのニュースばかりですね。
 
 松岡大臣について私が言いたいことを書けば死人にむち打つだけですから、ちょいと他に気になったことを二つ。
 
 コメントを求められた石原都知事。
 「彼も侍だったんだねぇ」
 
 へ?
 
 確かに石原氏にしてみれば藩の汚職に絡んだ侍が目付役にポンと刀を投げられて「腹を切れ」と言われ、それで全てを無かったことにする、という意味合いだったのでしょうが、それは今の「侍」の語感とはちょっと違うと感じます。
 
 藤沢周平原作の時代映画がブームになったり、若者の間にはバカボンドや、子供の間でも銀魂が流行る等、今あらためて侍ブームだと私は捉えています。
 が、それは切腹のサイドからではなく、どちらかと言えば日々今の我々と同じような管理社会にきゅうきゅうと行きながらも自分にとっての「義」を探し求める、というのが今らしい語感だと思います。
 
 その見方から言うと、松岡大臣の様な金に汚い生き様自体が「侍」では既に無いわけで、お家やお殿様の秘密を抱いたまま自害すると言う面だけを捉えて「侍」と言われてもなぁ、というのが正直な感想でした。
 
 ま、大阪府民だから利害関係はないとは言うものの、こんなズレた進軍ラッパ政治家がまた国政に戻って総理大臣にだけはならないことを祈るだけです。
 
 もう一つ、上に書いたお家とお殿様じゃないけど、別に横浜で自殺した「陰のドン」と言い、死んでまで守る真実って一体なんなんでしょう。
 私には想像もつきませんし、数十年経って関係者やジャーナリストが暴かなければ永久に闇の中なんでしょうねぇ。
 
 あ、もう一つあった。
 今日松岡大臣の遺影をずっと抱いていた次男。
 「父の無念を晴らさせて下さい!」と連呼して熊本から国会に出そうな気がする...

※その点から言うと松岡大臣本人は世襲の政治屋ではなく農家出身で、農学部では一流とは言え鳥取大出身のノンキャリアからの閣僚抜擢だったわけで、その点では評価に値するし、逆にそれだけの骨がありながらなんであんなことをしたのかと別の意味で残念ではあります。

|

« 御礼! 2年と3万view | トップページ | 安倍晋三フルスロットル! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それ違うよ、知事:

« 御礼! 2年と3万view | トップページ | 安倍晋三フルスロットル! »