« いいのかな | トップページ | 洗剤とともに去りぬ »

シャーリー抜歯ー

 特に書くような内容でもないのですが、この題名を使いたかったのです。
 Diamond is forever〜♪
 
 例の歯槽膿漏になった奥歯を昨日抜きました。
 歯根の片方の骨はもうグズグズになっていたので抜歯は止むなし。 あとはインプラントにするための試験台と言うことで「任せた」状態です。
 
 この歯医者、幼稚園からの付き合いで、インターン時代に親不知を抜いてもらってからずっとmy歯を見てもらっています。
 この時は横から生えている親不知を四分割し、若くて未熟だったせいもあり、二時間以上かかりました。
 さらにまだ破片が残っていて数ヶ月後にそれが歯肉からペロっと履き出されたりとなかなかのものでしたが、数十年経てば麻酔を注射する時にも完全な無痛状態で、なかなかやるの〜と感じました。
 
 本人にそれを言っても「最近針も良くなったからなぁ」と言うだけでした。
 だって背中の脂肪腫を取った時の麻酔はもっと痛かったぜ。
 彼には四本の親不知を全部抜いてもらい、今となってはあの麻酔が効き始めた時の腰の辺りのジワ〜っとくる感触が密かな快感でもあります。(危ねぇ)
 
 抜歯自体も無痛で、残っていた組織を掻爬し、出て来た膿の房みたいなのも見せてもらいました。 まぁ、もうこうなったらどうしようもないですね。
 麻酔が切れた後、さすがに痛み止めを一錠飲んだものの、もう大丈夫みたいです。
 
 通常なら抜いた後は何もせずに自然に歯肉が成長して塞がるのを待つだけですが、今回はインプラントに向けてコラーゲンのポリマーのようなものを充填して軽く縫合。
 一週間後に抜糸の予定です。
 
 いやぁ、持つべきものは医者の友達。
 残念ながら他には獣医だけで内科医や外科医に友達はいないけど。

|

« いいのかな | トップページ | 洗剤とともに去りぬ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャーリー抜歯ー:

« いいのかな | トップページ | 洗剤とともに去りぬ »