« とぼとぼと... | トップページ | 4回目の車検終了〜 »

汚い国、日本

 昨日は久々に登校して始業式の打ち合わせ+管理しているサーバーの配線変更作業。
 バッファローのスイッチングハブがあてがわれましたが、これって19インチラックマウントの金具がついてるんですね。 ラックに奇麗に収まってちょっと気持ちが良かったです。
 
 昼には帰る筈が、行けば行ったであれこれとあって結局家に帰ったのは夕方。
 それから一ヶ月半ぶりに昼寝(夕寝か)をしたら夕食が作れず、目を覚ましたら嫁がボルケーノってました。
 見逃してくれよぉ、休み無いんだから。
 
 そんなこんなで見たくもないバラエティをつけられて拷問さながらの夕食を食べていたのですが、例の飽食シリーズと言うか、同じ食材を馬鹿げた量お笑いタレントに食わせる内容。
 ケーキだとか焼き肉だとかいろいろありますが、もったいないのはもちろん、ここまで人間に大量に似たようなものを食わせて大丈夫なのかと不愉快になります。
 
 不景気→スポンサー料低下→代理店とテレビ局は手取りを減らしたくない→下請け泣かせ→孫請け泣かせ→安いギャラでも必死で頑張る若者お笑いタレント起用→いじめで視聴率獲得
 
 ってなところでしょう。
 不穏当な言い方ながら、これでお笑いタレントが誰か死ねばこういう図式も変わるかも知れません。
 
 「あるある」のねつ造で関西テレビ社長の処遇が甘いだとかなんだとか報道されています。 民放連を追放された時に偉そうな関係者のコメントも流れていました。

 でもさぁ、上記飽食バカエティ番組は関西ーフジ系列じゃなかったよ。
 そんな偉そうなこと言っていいの?>民放連 
 というのが私の正直な印象で、ねつ造などけしからん!、というより、これを機会に自局のねつ造、やらせがバレないように徹底的に箝口令を敷く為の戒めじゃ無いの?と。
 関テレの社長の処遇が甘かったのも、そこまでやっちゃうと自局のがバレたときかなわん、というのが本音の裾野かとも。
 
 スポンサーの花王も早々と番組を降りましたが、もともとは化け学会社でしょ? 番組の内容をおかしく思わなかったのかなぁ? 結局は広告代理店からの視聴率の報告に満足していたんでしょ。 その広告代理店に責任は無いの? 女工哀史のような毎日でこき使われた孫請け制作会社がみなアホなの?
 
 要するに法律に違反しなければ何やっても良いんでしょうね。
 松岡農相の議員宿舎の500万円の水道代も一緒。
 そしてそれを「政治資金規正法に鑑みて問題が無い」と庇うぬるいボンボン首相も何かを見失っています。
 
 そうじゃなくって、法的に違反していなければいいという感覚の、道徳観念の浅い小学生やインテリヤクザのレベルと一緒なのに気がついて欲しい。
 500万円、仮に私のレベルで収入から除外できたら国と地方合わせてざっと100万円税金を低減できます。
 それを大臣がやっていることがおかしいという感覚を理解できなければ絶対に美しい国になんかなれません。
 
 泣きながら数百枚目のせんべいを食うタレントも、閣僚も、この国も、あぁ、汚い。

|

« とぼとぼと... | トップページ | 4回目の車検終了〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚い国、日本:

« とぼとぼと... | トップページ | 4回目の車検終了〜 »