« 男子?女子? | トップページ | 代車のヴィータで台車を買いに »

何がエコなんだか

 先程、blogネタの為にデジカメを起動したら電池切れ。
 これは予想していたのですが、生憎手持ちのアルカリ乾電池が無かったので充電式電池の方を充電したら案の定えらい短い時間で充電終了となり、当然ながら殆ど充電されていませんでした。
 
 電気店や広告を通してエコだ経済的だと充電式電池の宣伝がよくされています。 でもこれって殆どJARO行きの詐欺と言えるくらい性能劣化が速すぎるというのが私の印象。
 
 何年か前、あまりにあちこちの乾電池の交換が多いので、時計等あまりパワーを必要としない用途にNi-Cd、そうでないもの用にNi-MH、と結構なお金をかけて移行した事があります。
 でもその結果、Ni-Cdは数十回充電しただけで明らかに容量低下。
 Ni-MHはそこまで酷くなかったものの、結果として充電器や乾電池に比べて高いコストをペイできませんでした。
 (その頃息子が凝っていたミニ四駆などではそこそこ長持ちしていたようなので、もしかすると頻繁に充電-放電を繰り返すケースではある程度の繰り返し充電ができるのかもしれません。)
 
 今では全ての電池が乾電池に逆戻り。
 
 少し前までえらく環境に配慮したかの様なテレビコマーシャルが流れていましたが、冷静に計算して廃棄した充電器と充電式電池のゴミまで換算すると我が家の場合は決してエコでも経済的でもありませんでした。
 
 この状態はバイト先でも似たようなもので、どんどん性能劣化する充電式電池を次から次へと買わざるを得なくなり、挙げ句の果てに充電器も同じく不調になって三台も転がっています。
 「充電500回」「アルカリ乾電池の二倍の寿命」なんてのは嘘としか言い様がありません。(まぁ、恐らく事細かに調べれば実験環境とか使用条件ってので逃げているんだろうけど)
 
 しかしなぁ、確かSANYOが最初に単三型のNi-Cd充電式電池を出したのは私が小学校の頃だった筈。
 以来40年近く経っているのにまだこんな程度なのかと思うと情けなくなります。
 
 いや、もちろん進歩は評価しています。
 それでも高パワーを要求する私のデジカメにはアルカリのほうが適しているし(だいたい、乾電池の1.5Vに比べて1.2Vしか出せてない!!)、要するになんでも使えると言う汎用性の点ではまだまだ乾電池に取って代われないレベルだと言うのが残念です。
 それを考えると乾電池ってのはまだまだ大したもんだとも言えますねぇ。
 
 ということで冒頭のネタはまた後日。

|

« 男子?女子? | トップページ | 代車のヴィータで台車を買いに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最初に買ったデジカメが単三電池仕様でしたのでその時からニッケル水素充電池を使ってます。(2001年)
当時のデジカメは無闇と電池を消費したのでアルカリ単三ですと条件が良くて数十枚しか撮れませんが、ニッケル水素ですとアルカリの3~4倍の撮影ができますので電池コスト面でも予備電池持ち運ぶ実用面でもニッケル水素充電池以外の選択はなかったです。
当時の電池は1500mAhで最近のものに比べると低容量ですが、実際に使う上では容量の差はよく分かりません。2350mAhの電池も2年ぐらい使ってますが、厳密に差を比較したことがないので大容量のありがたみが実感出来てません。(笑)
そんなことでニッケル水素充電池には永らくお世話になってますしコスト面からかなり気に入ってますが(10回充電すればアルカリ電池と同じかな)、自然放電だけは難ですね。ニッケル水素は使う前にフル充電しなければならないのが面倒です。
なので自然放電しないエネループが発売された時はこれでサンヨーも起死回生かと思いましたが、なかなかそうはならないようですね。私自身もまだエネループを使ってませんしね。画期的商品であることは分かっているので次はエネループと思ってはいるのですが、旧型ニッケル水素充電池が意外なほど長期間使えるので買い換え需要が発生しないのです。

投稿: DS | 2007年3月17日 (土) 11時35分

五年使えれば御の字ですね〜
うちの場合は一年持たない電池が殆どでしたから。
メモリ効果と自然放電、電圧の低さを何とかしないと乾電池の完全互換にはならないでしょうねぇ。
その点で、用途が限定されているパソコンやiPodなんぞの専用充電電池はまだ条件が楽かのかも知れません。

投稿: あやおば | 2007年3月17日 (土) 10時45分

エネループをまだ使ったことがないので、これの評価は出来ませんが、確かに普通のニッケル水素充電池は使いにくいです。
満充電しておいても一週間でかなり自然放電しますし、一ヶ月も放っておくと容量半減しちゃいます。
しかも意味不明のメモリ効果とかあるので放電が進むと簡単には満充電できないようです。何度か使っているうちに本来の性能に戻ってくるようですが。
なので、ニッケル水素充電池が向いているのは比較的短期間で容量を使い切るようなモノに限られますね。1日~3日ぐらいで使い切れば自然放電も気になりません。
我家の場合は、携帯型ゲーム機とMP3プレーヤーと携帯型CDプレーヤーとデジカメでニッケル水素充電池を20本ぐらい使い回ししてます。コストは厳密に計算したことはないですが、5年ぐらい使ってるのでたぶんアルカリ電池よりは安いはずです。

投稿: DS | 2007年3月16日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何がエコなんだか:

« 男子?女子? | トップページ | 代車のヴィータで台車を買いに »