« 700/日アクセスぅ? | トップページ | ティファニー庭園美術館の怪 »

Appleコールセンターの「ポテト」

 週一日の休みは御陰さまで墓参りも組み入れて有意義に終わりました。
 いやぁ、夜寝て朝起きる生活が続くと休みの日でも自然に朝に目が覚めるもんですね。
 
 で、先日書こうとしていたAppleコールセンターのお話。
 事の起こりはバイト先のiBookのキーボードがボロボロになっているので、これを交換しようと言うお話です。
 
 Appleのサイトを見て、とりあえず対象のiBookのキーボードがDIY修理可能であることを確認。
 ところが価格がどこを見ても無くて、コールセンターで聞け、とありました。
 仕方が無いのでバイト先から電話をかけることに。
 
 電話に出た男性はいかにも頼りにならない、ポテトを頼んでいるのに「ポテトはいかがですか?」と最後に聞きそうなマニュアル男っぽい。
 
 とは言え、まずは電話番号の確認。 これは仕方が無い。
 すると名前が出て来た。 これは便利。
 製造番号を告げたら登録情報と同じだと言うこと。 ふむふむ。
 そしてキーボードの価格を聞いた。 どういうわけか3分くらい待たされた。
 価格が出たので発送を依頼することになり、目の前に住所が出ているか?と聞いたらまた2分くらい保留に。 何やっとんねん。
 住所が出たら次はこちらに住所を言え、と来た。 ムカっと来たけど、詐称ってのあり得るので納得。
 この電話で注文できるのか?と聞いたらさらに一分程保留に。 こいつはあほか。
 できるというので、その旨頼んだら、念のためキーボード裏の番号を教えてくれ、と来た。
 
 おいおい、お前、全ユーザーにそんなことさせるのか? それにその時はそのiBookは別の店員がメール対応の最中でそんなことできない。 キーボードばらすには電源落とさないとあかんねんぞ。
 製造番号が解ってるんだったら、それから特定できないか? とだんだんこちらの口調が「おまえはあほか」的に。
 あ、ああ、あああ、そうですね、と渋々それは通ったんだけど、DIY部品ですのでその場で旧い部品を配送に来た福山通運のドライバーに返してくれ、とぬかしよる。
 
 はぁ? その場で?
 おまえ、こんな手順で交換する間、忙しい宅配ドライバーに待てって言う訳? あんた何様?
 翌日再度来てもらって渡すとか、着払い伝票で返送するとかの選択肢は無いのか、と聞いてもこのポテト男は返答できない。
 
 そこで私の糸が切れました。
 「ああ、もうなんでも良いから送って下さい。」
 ドライバーと交渉した方が速い。
 
 電話を切った後、受話器に向かって、
 「バカ〜っ」(ちなみに関西ではアホよりもバカの方が敵意が高い)
 
 マクドと言い、Appleと言い、アメリカ式マニュアル接客をそのまま日本に持ち込むのはやめてくれ。

|

« 700/日アクセスぅ? | トップページ | ティファニー庭園美術館の怪 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして>こばさん
 交換費用は6,510円でした。

>>何度やってもApple のDIYページに飛べず
 困りますね。
 と、言うかAppleのサイトからDIYのページを探すだけでも一苦労です。
 自慢のApple store(ネット)であっさり買えるようにしてくれれば気持ちがいいのに、とつくづく思います。

投稿: あやおば | 2007年11月27日 (火) 13時04分

差し支えなければ、交換費用を教えていただけますが?昨日から何度やってもApple のDIYページに飛べず、仕事柄、サポート時間内になかなか電話する時間がとれないもので。よろしくお願い致します。

投稿: こば | 2007年11月26日 (月) 23時18分

 お辞儀こそしなかったものの、↓のOMRONのサポートがまさしく「ありがとうございます」でしたねぇ。(情報の掲示が不十分なのを割り引いても)
http://obalog.cocolog-nifty.com/obas_blog/2007/02/mr504dv_a6c6.html
 恐らくこういうのがサポセンの誉れとなるのでしょう。

 そういえば以前Appleのコールセンターで「上のもんを出せ」作戦に出たことがあります。 結果として暫くしてから外資系としては非常に稀と思われる例外的措置をしてくれて逆に満足度がアップしたのですが、もともとはあのときも最初に電話に出た女性担当者があまりに杓子定規と言うか話が通じないので我慢できなくなったのが発端でした。

 あ、私クレーマーじゃないので、この点はAppleの名誉の為にまた日を改めて書きたいともいます。 もう寝ないとね。

投稿: あやおば | 2007年4月 2日 (月) 02時58分

上の者に代われ、とゴネてみたくなります。

以前、エプソンの複合機に関してテレホンサポートに電話したことがありますが、なかなか良い対応の女性で感動した事を思い出します。

事態の解決にはならなかったけど、受話器もってお辞儀しながら「ありがとうございました」って言っちゃったもの。

投稿: たけぴ | 2007年3月31日 (土) 01時42分

 Appleのポテト男は「一週間程見ておいて下さい」と言ってましたが、翌日にはキーボードが届きました。
 まぁ、早い日程を告げられて遅れるよりは良いのでこれは○として、福山通運のドライバーが旧い部品をその場で待つ等は無く、ちゃんと返送用着払い伝票が入っていました。

 でしょ?
 以前、PowerMacの電源ユニットやPowerBookのバッテリーを交換した時もそうだったもん。

 なんだったんでしょう? あのポテト男。

投稿: あやおば | 2007年3月30日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/14455113

この記事へのトラックバック一覧です: Appleコールセンターの「ポテト」:

« 700/日アクセスぅ? | トップページ | ティファニー庭園美術館の怪 »