« 自宅のインターネットがこけた | トップページ | Freelance=銀魂=本業何? »

自宅ネット接続復活

 自宅のインターネット環境が復活しました。
 
 NTT西日本のアドバイス通りルーターを通さずVDSLモデム直結でフレッツスクエアに接続したところ問題なし。
 結局@nifty側の問題と言う事で24日夜に@niftyのサポート窓口にメール送信し、25日朝に復活していました。
 
 しかしその件について@niftyから何の連絡も無し。
 NTT西日本はフォームメールの送信の度に自動返信以外に人間が書いた回答メールが来たのに。
 
 そして25日夕刻に「症状確認しましたが、こちらが点検した時には接続復活していました」というメールが来ました。 どうも@nifty側はは何もしないうちに復活していたようです。
 結局原因ははっきりしないまま現状原状復帰と言う事になります。
 
 確か常時接続契約者がPPPのダイアルアップ接続した時には別途料金がかかる筈で、別にそれを誰かに請求するつもりは無いですが、原因が特定できないと今後誰のプラスにもならない訳で徒労感だけが残ります。
 
 しかしこの両社のメールの対応、明らかに安心感が違いますね。
 @niftyのココログを実装した社員が(株)はてなに転職したと言うのは有名な話で、部署は違えど優秀な社員はどんどん@niftyから逃げているのかも知れません。
 まぁ、足回り(自社回線)の無いプロバイダに勝ち目は無いと言われていますので無理も無いですけど。
 富士通は@niftyに自社FENICS回線を使わせて生き血を吸い続け、死んだら吸収するつもりでしょう。多分。
 
 今回の事件で「他のプロバイダーにしたら?」と家内が言うも、20年近く使い続けているメールアドレスを変えるのは嫌なので、富士通に@niftyが吸収されてもメールアドレスだけはキープして欲しいところです。
 
 憎まれ口はこれくらいにして、久々のダイアルアップ接続でそれまで気付かなかった事務所VPNの問題点も解りました。 何でもプラスに捉えるとしましょう。
 しかし56kと比べたら実測20Mbps前後とは言えFTTHは速い。

|

« 自宅のインターネットがこけた | トップページ | Freelance=銀魂=本業何? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/14045764

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅ネット接続復活:

« 自宅のインターネットがこけた | トップページ | Freelance=銀魂=本業何? »