« TypeUとVistaの憂鬱 | トップページ | あかんで、このOS »

それしかないんか、野党

 なんだか先週は忙しくて、本来予定無しで過ごす筈の週末もなにかしら予定が間にポツンと入っていたりして今ひとつのリラックス度でした。
 ということで何だか唐突に政治ネタになります。
 
 参議院の予算審議で野党が衆議院に続き審議拒否をやろうとしています。
 確かに柳沢大臣の無配慮な発言は、自ら少子化に責任を持つ立場としては頭の弱い発言としか言いようが無く、いかに安倍首相が上司としてナメられているかというのを示す結果ですが、既に首相は公の場で謝罪もしており、それで国会審議を止めるにはいささか弱いと言うのは野党も実は承知の筈。
 
 もともと衆議院の河野議長は自民党ながら比較的リベラルと言うか中立的な考えを持つ人だと思っており、その証拠に新自由クラブからの出戻りだと言うことを割り引いても党内出世コースから外れています。
 その彼でさえ「予算審議と言う非常に重要なことを野党の拒否で遅らせる訳には行かない」と言ったくらいですから、いかに野党の拒否作戦が虚しく空振ったかは見ての通り。
 議会での沈黙は肯定だ、という与党のコメントにも頷かざるを得ません。
 
 少なくとも今は与党が多数な訳で、審議しようとしまいと最終的には与党の言うがままに可決されるのは同じ事。 だったら審議に加わらない方がいかにも最後まで戦ったというイメージを残せる、という考えなんでしょうが、逆に何も抵抗せずに泣き寝入りしたとも見える危険な選択だと私は思います。
 
 これはまるで玩具欲しさに売り場で寝転んでだだをこねている子供を思い出させます。
 子供の場合はさすがに置いて行くような振りをした親がじっとついて来るかどうか待っています。
 でも政治の世界はそのまま置いてきぼりでしょう。 置いて行かれるのが嫌で泣きながら親を追いかけたのは公明党なのかも知れません。 どっちもどっち。
 
 負けると解っている勝負をするのかしないのか、映画やマンガでよくテーマになります。
 夏の統一選挙で野党が圧勝する保証も無い訳で、そろそろ野党も子供じみた「だだこね」以外に何か他の作戦を考えた方が良いと思うんですけどねぇ...
 自民党が柳沢大臣を庇い続けるのならむしろもっけの幸いとそれを総選挙まで引きずって有利な材料にする戦法もあると思います。
 もともと日本人は判官びいきな訳で、死ぬと解っていても正義の為に的に向かい続けていた野党、っていうイメージを定着させた方がだだこねよりは良いと思うんですが。
 
 しかし、事の発端となった柳沢氏。
 恐らくは彼の言う通り深い意味は無く、単なる表現の選択間違いだと想像します。
 ただ、長年政治屋をやっているんだから、ライブトークで一瞬一瞬で言っていい事と悪い事を判断できないってのはいかにも能力が低そうに見えました。(原稿ですでにあの表現があったのならさらに呆れるしか無い)
 
 直後の釈明で「私と言う人間を考えてもらえれば解る」というのを聞いたとき「は?あんたの事何も知らんで」と思わず突っ込んでしまいました。

|

« TypeUとVistaの憂鬱 | トップページ | あかんで、このOS »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 先日の愛知県知事選、北九州市長選では一勝一敗で、一定の柳沢効果はあったようですが、さすがに民主党を始めとする野党も参議院の審議に加わる方向を打ち出したようですね>DS

 しかし政治屋にとって何よりの生命線である選挙での敗戦の原因を作った訳で、以前武部元幹事長の演説を聞かされた身としてはやはりあの程度の喋りの能力しかない彼は情けないです。
 まぁ、それを恐らくは「いい人」の温情で庇い続ける安倍はそれ以上に政治屋としては情けないんですけどね。 だから内部でナメられる。

 武部元幹事長の政治ネタ↓
 http://obalog.cocolog-nifty.com/obas_blog/2005/08/post_ea6b.html

投稿: あやおば | 2007年2月 6日 (火) 08時32分

 一回だけポロリと出てその場で謝罪、というならともかく、何度もその言葉を使って持論を述べたんですから「私と言う人間」が常々そう考えていたんだろう?と言われても仕方の無い事だと思いました>ドキンちゃん

 まだ小さかった頃、女性の事を「女がな...」とよく言っていた私に、「女というな、女の人と言え」とよく注意された女系家族だった我が家を思うと、やっぱり柳沢氏も逆の意味でそういう育て方をされた家に育ったんだと思いますよ。

投稿: あやおば | 2007年2月 6日 (火) 08時22分

世論がもっともっと盛り上がって任命した首相までクビが飛びそうな雰囲気になるのを野党は待っていたのでしょうね。でも野党が期待していたほどの事態には発展せず、審議拒否している国会議員だけが浮いてしまった感じかな。

投稿: DS | 2007年2月 5日 (月) 08時33分

あやおばあさん、こんばんは。

>「は?あんたの事何も知らんで」と思わず突っ込んで…

右に同じくデス。そもそも政治家とは、喋りが仕事(に一般人には見える)。あの発言は『失言』では済まされないぞ…と。特に、女からしてみると、公にどういう事を言ってくれるんだ!?と思わざる得ませんよね(苦笑)

投稿: ドキンちゃん | 2007年2月 5日 (月) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それしかないんか、野党:

« TypeUとVistaの憂鬱 | トップページ | あかんで、このOS »