« PowerBook覚醒 | トップページ | TypeUとVistaの憂鬱 »

オーブントースター考

 先日オーブントースターを買い替えました。
 どうでも良いことながら、かつて我が家には製造されてから十年以上経ったオーブントースターがありまして、これがどう見ても安物ながら、棚から落ちて麻生外務大臣の口のようになってもずっとパンを焼き続けていたのです。

 姉の家→母親の家→我が家と転々とし、その母親が「そろそろ買い替えたら?」と言うも、「使えるものは壊れるまで使う」主義の私の家に安住の地を見つけたのでした。
 ところが二年前の秋頃、感謝の意味を込めてたまには、と掃除したら、その2〜3日後に眠るが如く昇天。
 
 さすがに無いと困るので次に買ったのが1,280円くらいのこれまた最安モノのノーブランド中国製。
 先代も安物だったのでオーブントースターっていうのはこれくらいで十分だと思っていたら、これは大ハズレで、何より過熱防止用の温度バイメタルがバカで、連続して使うとすぐにヒーターが入らなくなります。
 お陰で朝の忙しい時に家族の分を連続して焼くことができません。
 そして先日あっさりと一年+アルファで寿命切れ。
 
 同じ安物なのにこの差は何なんでしょうね。
 思うに、デフレ時代に熾烈な価格競争の流れが起き、低労働コスト国で製造することが当たり前になり、加えて製造だけではなく、設計や性能試験まで丸投げしたモノが増えてしまったのではないでしょうか。
 
 そう考えると、例はオーブントースターだけではなく、小さいものでは洗濯バサミ。
 100円ショップで買った半透明の洗濯バサミはベランダ下の環境で風雨や紫外線に耐えられず、一年を待たずに全てポキポキ折れてしまいました。
 
 次にJ PRESSのボタンダウンシャツ。
 生地の質が落ちてかつての半分くらいの使用で襟がすり切れてしまい、ボタンの取り付けも雑。
 リーバイスのジーンズも微妙に生地が薄くなっている。
 
 廉価なのは有り難いけど、それで寿命が短くなったり本来の機能が果たせなくなったのでは意味が無いでしょうに。 消費が美徳なんて時代はそろそろ歴史の教科書に載りそうなくらい昔の話。
 100円ショップの商品はともかく、長年愛用しているブランドの商品もその流れの中にあるのは何とも悲しい限りです。
 
 さて、オーブントースターの話。
 超劣悪モノが壊れたあと、しばらくフライパンで焼いていたりしたのですが、これは悲しい。
 まるでいのうえさきこの人生(出典:大まかに生まれた女)ではないか、と言うことで今度はナショナルのNB-G70という9,000円くらいのを購入。
 これはボタンを押せば好みの焼き加減に勝手に焼いてくれる、今までとは一転して超便利なモノ。
 お陰で「あ、ちょっと薄いな、もうちょっと焼こう」の後の悲劇の炭化も過去のものとなりました。 奥行きがあるので山切り食パンでも同時に二枚焼けるのも◎。
 
 最初からそれくらいの買っておけよ、という突っ込みは無しと言うことで...

|

« PowerBook覚醒 | トップページ | TypeUとVistaの憂鬱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 今回も実はあの「縦型二枚焼」もちょっと食指を動かしました。
 でもやっぱりパン以外のフライの暖め、グラタンなどに使えるオーブントースターの便利さには勝てなかったです。
 キッチンがもう少し広ければアメリカンタイプの全面クロームメッキの縦型も欲しいんですけどねぇ...
 
 子供の頃、あのトースターにパンを入れずにスイッチを入れ、石英のパネルに巻かれた電熱線がボワ〜っと赤くなるのを眺めていたのを覚えています。
 昔の食パンは今よりスライスする時の歯が悪かったのか、それとも縦型の宿命か、パンカスがよく溜まったような気がします。 分解の楽しさもあって、自発的に掃除をするのが好きだったことも思い出した。

投稿: あやおば | 2007年1月29日 (月) 01時05分

オーブントースターがいつごろから一般家庭に普及したのかよく憶えてませんが、私が小さいころは垂直にポンと飛び出す普通のトースターでした。オーブントースターになって簡単にピザトーストが焼けるようになったのは画期的でした。焼き芋もよく焼きました。私は学生時代の下宿では、オーブントースターとグラタン皿だけが調理器具でした。(笑)(炊事場が無い6畳一間だけの間借りしてましたので)
オーブントースターは初期の製品ほど壊れず長持ちしたような気がします。ただ、トースターはどうしても汚れがひどいので寿命を迎える前に買い換えてるような気が。
我家にいまあるのは三菱電機の安いのです。2000年購入と本体に書いてありました。(私はほとんどの家電品に購入年月をマジックで書きます)その三菱のは1000Wと500Wの切りかえがある上にサーモスタットで最高温度が規制されるのが特徴です。でも、サーモスタットが有るは良し悪しですね。
餅や芋を焼くには焦げないので調子良いですが、食パンのトーストにはサーモスタットは不要です。サーモスタットの所為で調理時間が長くかかります。と言っても1分も違いませんが朝はその1分がねぇ(笑)

投稿: DS | 2007年1月28日 (日) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーブントースター考:

« PowerBook覚醒 | トップページ | TypeUとVistaの憂鬱 »