« OS X ServerのPHPが4.4.4に | トップページ | 山陽電鉄デビュー »

中から見えないwebサーバ(2)

 事務所のIPアドレスを固定にしてから、LAN内のマシンから同じLAN内にあるwebサーバーが見えなくなったというトラブルと解決法を先日書きました。
 
 それ自体はhostsファイルを書き換える方法で難なく使えているものの、Windows上でドコモのi-mode携帯をシミュレートする「iモードHTMLシミュレータII」からも同様に接続できなくなっている事に後日気がつきました。
 
 これもhostsファイルを、と行きたいのですが、メニューやファイル類を見てもどこにもそれらしきものはなく、Windows上で動いてはいるものの、仕組み的に別のマシンとしてネットに接続している様です。
 ブラウザメニューの「オプション設定/ネットワーク設定」を見るとDNSとプロキシーのみが設定可能で、ここで契約しているプロバイダのDNSサーバーアドレスを入力しても改善されません。
 
 で、ここでふと気がつきました。
 LAN内にOS X Serverがあり、これにはDNSサーバー機能もあるんだから、LAN内(イントラネット)のみのDNSサーバーを立ち上げてやれば良いのではないかと。
 
 とはいえ、本来の外に向けてのDNSサーバーは他の場所で立ち上げてはいるものの、イントラ用のそれってやったことがないので急ぎ家にある参考書を読みました。
 すると単に「ゾーン転送」するかしないかだけの違いの様で、すればインターネット、しなければイントラネット用のDNSサーバーになることが判明。
 
 ということでwebサーバーに割り当てているドメインネームをローカルIPアドレスに割り付ける様に"Server Admin"で設定。 「iモードHTMLシミュレータII」からもwebサーバーにアクセスする事ができるようになりました。
 
 いやぁ、一旦動けばずっと黙々と働き続けるのに、一旦トラブると大変ですねぇ、サーバーって。
 改めて...

|

« OS X ServerのPHPが4.4.4に | トップページ | 山陽電鉄デビュー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/12924694

この記事へのトラックバック一覧です: 中から見えないwebサーバ(2):

« OS X ServerのPHPが4.4.4に | トップページ | 山陽電鉄デビュー »