« I'll be fine | トップページ | 聞け!万国の労働者! »

深読みは疲れる

 夕刊を新聞受けから出してエレベーターに乗っている間にチラリとコラムを見たら、「メガバンク献金報道→首相突然の自粛声明、これもヤラセか?」と皮肉ってありました。
 
 そうか。
 あれは支持率低下を懸念する政府の謀であった可能性も無いとは言えないのかも。
 
 つまり、
 政府、広告代理店経由で反政府ネタの好きな朝日辺りの記者にそれとなく銀行からの政治献金復活の動きがある事を漏らす → 
 新聞、喜んで一面報道 → 
 即、断ると毅然とした首相のコメント → 
 国民「やや、なんて素敵な首相なんだらう」「この首相を信じやう」「さうだ、さうだ」
 と、狙ったとしたら...
 
 政治献金と言う重大事項を党内部でまったく議論無く瞬時に首相が否定したのも怪しい。
 
 いや、あり得ない話とは言えません。
 例のタウンミーティングのヤラセについても広告代理店が噛んでいたそうですから、これくらいの筋書きなら新入りの広告マンでも書けるからです。 あれだけ簡単にバレたくらいですからどこの代理店か知りませんが、大した担当じゃない事は確かです。 
 
 朝日が書いているくらいですから新聞側もグルとは思えませんが、もし上記マッチポンプだとしたらマスコミのネタを深読みするのも疲れますね。
 
 しかし、銀行って空前の営業利益を上げていながら法人税払ってないんですねぇ。
 損失の繰り延べ償却が認められているとは言え、それで自民党に政治献金なんて良い根性しています。 時代劇の悪代官とそれにつるむ老獪商人の図式そのまま。
  
 「ぬしも悪よのう...」

 そりゃ倒産しかけた時に税金で助けるなんて普通の企業ならあり得ない甘やかしもできるはずだと今回の献金騒ぎで感じました。
 我々自営業者が税金で助けてもらえるのは生活保護だけ。 それも最近はなかなか認められずに「死ね」と暗に窓口で言われるらしい。

 こういうニュースが流れても今日も全国の銀行の融資担当者は青息吐息の自営業者を相手に「うちも慈善事業じゃないんですから」なんて偉そうなことを言うのでしょう。
 まぁ、慈善事業じゃないですね確かに。 銀行は。
 
 証券、損保と三つ併せて「公的詐欺事業」。

(銀行関係の知り合いもここを読んでくれているらしいのであんまりなことは書きたくないんだけどね)

|

« I'll be fine | トップページ | 聞け!万国の労働者! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深読みは疲れる:

« I'll be fine | トップページ | 聞け!万国の労働者! »