« 中から見えないwebサーバ | トップページ | 平成富国強兵時代 »

みんな終わってもうた

 昨深夜、関西の毎日放送でやっていた「ガンダムSEED Destiny」の再放送が最終回を迎えました。
 
 エヴァでさえ遅くにしてはまった私はそう、二足歩行ロボットものが苦手でその原因はいわゆるファーストガンダムにあるわけです。
 ですから、途中何回か抜けたとは言え、通しで見たガンダムはこれが最初な訳で、まぁ、いわゆる筋金入りのファンが言う程悪くなかったんじゃないの、という感想です。
 まぁ、最もファンの間に受けが悪いと言うターンAの絵が好きな私ですから、むしろ筋金いりじゃないからこその感想かも知れません。
 
 「Destinyは最後みんな殺してしまった」というのをどこかで聞いた覚えがあり、その予想の割にはモビルスーツは壊れたものの、シンもルナマリアも生きてたので(個人的にシンの揺れ動く熱い精神は少し気に入っていた)少し安心しました。
 まぁ、レイが最後に「お母さん」とグラディス艦長の事を呼んだ事とか、何しろSEEDを全く見ていないのでよく解らない伏線のようなものは意味不明なのがちょっと残念と言えば残念で、特に時々出て来るそれぞれの回想シーンは結構意味深にも見え、まぁ、老後の楽しみ(?)としてSEEDとDestinyを通してDVD(全100話かい?)でも見てみる事とします。
 
 彗星ヒヨコ
ということで夏にとあるマンガ雑誌の付録についていた「彗星ヒヨコ」は今も私の携帯にぶらさがっています。(マンガには興味は無く、読まずに他人にあげた)
 
 そしてもう一つ一足先に先週終わったのがNHKの「samurai7」。
 たまたま仕事の電話が長引いて音を消しながらの最終回だったのが何とも残念でした。
 
 でもGONZO、凄いですね。 ラストの大混乱の破壊・炎上シーンすら他のアニメとは一味も二味も違っていました。 ガンダムやエヴァの二足歩行モノが非論理的と言うならこちらはもう論外の設定。
 それでも最後まで惹き付けられたのは、小説や映画の世界でよくある「ストーリーは平凡ながら脚本や映像で一気に読ませてしまう」のそれで、まさしくアニメは「絵」が最初にありきである証明だと思います。
 
 ミュート状態だったので最後に生き残った連中の会話が意味不明で、これもいつかDVDで再度見なくちゃシリーズ入りですね。
 でも予想通りと言うか菊千代は死んじゃったねぇ。
 あれはオリジナルの「7人の侍」では三船敏郎?(by Wikipedia) へ〜、意外。
 志乃はてっきり勝四郎と恋仲になると思ったのになぁ。このあたりが名作の名作たる所以なのでしょうか?>スピルバーグ監督
 
 ということで、やっぱり黒沢監督のオリジナルと一緒に見るのも乙なものかと。
 
 そして私の金、土の深夜の密かな楽しみが終わってしまいました。

|

« 中から見えないwebサーバ | トップページ | 平成富国強兵時代 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 まいどどうもです>ドキンちゃん

>>(ということは、深く掘り下げると・・・あらまあ・・・な訳で)
 元発言を書く時、オフィシャルサイトのSEEDとDestinyを両方調べました。
 それを見ているといろいろと人の繋がりがあるようですね。 その辺りをまた全100話通しで見た時に読み解いてみたいと思います。
 ラスクはSEEDの頃、チラリと見た限りではDestinyの頃のような重厚なイメージはなかったような...とかも含めて。

 Samurai7の志乃の恋はちょっと中年のおっさんには嬉しい結果だったのかも。
 これに限らず、全編DVDで見ても動くイラスト集として絶対に後悔はしないと思います。

 ゴールドの彗星ヒヨコ、知ってますよ〜。 学生からも情報が来ました。
 先日も本屋で見かけたのですが、このピンクの能天気なタイプな方が自分に合っているかも、と...

投稿: あやおば | 2006年11月21日 (火) 02時24分

ガンダムSEED・・・と見たらば、コメントせずにはいられませんでした(苦笑)
関西は再放送しているんですね。(いいなぁ)

<「Destinyは最後みんな殺してしまった」

オタクファン(最近認めました^^)としては、↑↑という気持ちですね。
けれども、何も知らない状態の人が見たとき、あのDESTINYという作品は、まあまあそれなりに「良い」らしいです。
(ということは、深く掘り下げると・・・あらまあ・・・な訳で)

7人の侍、あのアニメも気にはなっていたものの、全く見る機会も無く終わってしまいました。
故、黒澤監督の映画をアニメ化したものでしたよね?
あやおばさんの言う、最後

<志乃はてっきり勝四郎と恋仲になると思ったのになぁ。このあたりが名作の名作たる所以なのでしょうか?>スピルバーグ監督

↑↑これ、すっごい気になりました。
大どんでん返しがある・・・のかしら?
いつかDVDで見てみますね。

最後に、ピンクの彗星ひよこ(彗星のシャアをモジッタキャラ)。
今月号の【ガンダムA】のおまけは、コレのゴールドカラーですよ!!(要らぬ情報かもしれませんが・・・)

投稿: ドキンちゃん | 2006年11月20日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんな終わってもうた:

« 中から見えないwebサーバ | トップページ | 平成富国強兵時代 »