« めっちゃ汚い字 | トップページ | 愛国心教育 »

自殺防止酒

 相変わらず子供の自殺が多いなぁ、と思っていたら、最近は校長先生の自殺ですか。
 日本では死人にむち打つ事はタブーとされていますが、子供に命の大切さを教える頂点の人が簡単に自殺されるともうこの流れは誰にも止められないのか、と諦観に近いものを感じてしまいます。
 
 正直なところ、私も今まで何度も自殺を考えた事があります。
 20代の頃までは絶対に考えなかったので、さすがの私でもそれなりにこたえる事があるのです。
 でも何とか今日までそれに至らなかったのは幸いと言うか何と言うか。
 
 まぁあんまり最近の自殺について詳しく書いてあちこちから批判コメントが飛んでくるのもなんなので、ちょいと矛先をずらしますと、先日のNHKでロボット化の話題をやっておりました。
 それで最も印象的だったのが脳に関する話で、電極を埋め込んで信号を送るだけで鬱が改善されたり、体の痙攣が止まったりという話題でした。
 
 そこでふと、最近久々にお気に入りの酒であるイエガーマイスターを買って飲んだら、朝起きた時の自分の気持ちが違うのに気がつきました。
 
 私はもともと翌朝が授業のとき、寝酒を常用しています。
 で、最近イエガーマイスターが冷凍庫から無くなり、特に理由も無く日本酒だとかワインを盗み酒していたわけですが、ここ暫くいろいろ悩んでいた事もあって、朝起きたら体と言うより気持ちがどよ〜んとしていることが多かったのです。
 ところがこのイエガーマイスターは薬草系なので、養命酒的にどうもいろいろ体に良い成分が入っているようです。
 
 今までなら単に気のせいと思うところながら、このNHKの番組を見てからは脳なんてちょっとした事で反応が変わるんだということが解りました。
 だから自殺したいと思う程辛かったり苦しかったりしても、簡単にそれを修正できるような手段がそろそろ出来ても良いんじゃない?とまで思うようになりました。
 
 あと、絶対に寝なくちゃだめですね。
 脳もちゃんと立派に疲れる訳で、その点で絶対に休養が必要なのです。
 だから「一睡も出来ませんでした」というのは最も危険な状態だと思います。 一旦寝て、要するに脳をリセットすることは非常に重要なのではないでしょうか。
 
 「下手な考え休むに似たり」という諺や、「明日考えよう」という生き方は勤勉な日本人にはどことなく怠け者的な語感がありますが、目が覚めて考えたら全く違う答えが出たと言う例が私には多数あります。 「日はまた昇る」のです。
 
 ということで、起きたら明るい気持ちになれる酒を発見できた私は幸せなのかも知れません。
 
 ただ、このイエガーマイスターという酒、決して万人にとって旨いと言う訳ではありませんので、皆さん、ご自分にあった「リセット酒」をお選び下さい、と言う事で...

|

« めっちゃ汚い字 | トップページ | 愛国心教育 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おっ嬉しいですね。
参加検討下さいますか。
では、後程ご案内メールを。

投稿: DS | 2006年11月16日 (木) 21時41分

 情報どうもです。>DS
 ずっと宴会の情報を出しておくのはさすがに怖いので先のコメントは削除しておきました。(URLは控えてあります)
 いつごろまでに確定の返事をすればいいですかねぇ?

投稿: あやおば | 2006年11月16日 (木) 20時59分

前の投稿に名前入れ忘れました。(笑)

投稿: DS | 2006年11月16日 (木) 12時48分

 取り込み詐欺ね... かつて身近で行われたのを見ていた事がありました。 浪速金融伝の世界です。

 最近は名古屋忘年会って無いのかな。

投稿: あやおば | 2006年11月16日 (木) 02時48分

「ほぼ取り込み詐欺」ってやつに引っかかった時が一番腹立ちます。相手はもともと払う気がないので景気の良い話で強気。仕事に細かい注文つけたり納期も急がしたり、でも頑張って仕事を終えてホッとしていると一銭にもならない。泣けます。初めての相手なら気をつけますが、何度か取り引きしてる相手が破れかぶれで取り込みして逃げるとどうしようもないです。

投稿: DS | 2006年11月15日 (水) 22時25分

 そっかぁ、そっちは不渡りってのがあるんですねぇ>DS
 裏切りも嫌ですね。最終的には信じた俺が悪かった、とするしか収め様が無いとは言え。

 そういえばここ数年顔つきあわせて飲んでないですね。
 例の箱根が最後かな?

投稿: あやおば | 2006年11月15日 (水) 13時46分

全く同感。
どうにもならんほど落ち込んでいる時、ひとり静かに酒飲んで救われること多々あります。不渡りもらった時とか信頼していた取引先に裏切られるのは損害の大小に関係なくなんともかんともならん気持になりますが、開き直るキッカケとして酒は結構有効ですね。

投稿: DS | 2006年11月13日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自殺防止酒:

« めっちゃ汚い字 | トップページ | 愛国心教育 »