« 雨、雨、雨 | トップページ | ゲージツはやめられねぇ »

She was not there

 先日の東京研修で実は密かに企んでいた事が。
 
 私の家には息子が友達の母親から貰ってきたレッサーパンダのぬいぐるみがあり、動物を飼えないマンション暮らしでは子供たちも私も結構こういうのが好きだったりします。
 これを洗ったとかの記事もここで書いていたりします。
 
 娘がまだ今よりもっと小さかった頃、この「たぬ」と名付けたぬいぐるみを主人公に、寝る前にアドリブで色々な話をするのが一時期決まり事となっており、その時に「恋人はいないのかな」という事になった事があります。
 
 「恋人ならやっぱり白かなぁ」とか、なぜか名前が「リリちゃん」とかになって適当に盛り上がっていたのですが、何と二年前の東京研修で、宿泊施設に向かう道沿いにあったカメラ店のウインドウに全く同じぬいぐるみの白が飾ってあったのです。
 その時は引率は私一人で、自分の子供の為に勝手な事もできず、取り敢えず家に帰ってその事を娘に報告しただけに終わりました。
 
 本当は翌年もこの研修は行う筈だったので、その時にもし廃棄するような事があれば下さい、とそのカメラ店に話せば良い、と思っていたのですが、様々な事情でそれは流れて結局二年の月日が経ってしまいました。
 そこで、今年こそは、と小田急の駅から宿舎に向かって歩いて行くと。
  
 カメラ屋さん等跡形も無く、マンションになっていました...
 
 まぁ、もとはぬいぐるみだし、娘もそろそろそう言うものにそれほど愛着を示さなくなってきているとは言え、何となく悲しかったですね。 いえ、ほんと何となく、ごめんな、と言う感じで。
 
 あんまりキャラクターデザイン等をする機会の無い私は、このぬいぐるみのキャラを結構使い回ししていて、ネームカードの紐に昨年の学園祭で作った缶バッチにして未だにぶら下げていたり、昨年は娘とかつて毎夜していたアドリブ話をヒントに60枚の小説を書いたり、私自らが結構愛着があったりします。
 
 昔息子が小さかった時に買った絵本セットの中に、白ウサギと黒ウサギが仲良くなって、ある日突然二匹が黙った後「結婚しよう」なんて言う話があったので、そういうのを無意識にこのぬいぐるみに当てはめていたのかも知れません。
 
 だから余計に「ごめんな」としか言いようが無くて。

|

« 雨、雨、雨 | トップページ | ゲージツはやめられねぇ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

どうもです>ドキンちゃん
たまたま自分のblogへのリンク元を見てたらdokinという文字があったので新しいサイトにたどり着けました。 以前より読みやすくて良い感じだと思います。

>>『たぬ』ちゃんのお嫁さん。
 照れくさいけどそうなんですよね。 もう娘には事の次第を話しましたけど。
 なんかポツンと置かれている「彼」を見ているとねぇ...

投稿: あやおば | 2006年10月11日 (水) 03時10分

幼い頃、お気に入りにしていたぬいぐるみ。
私にもありましたね・・・(苦笑)
そして、常にその子を主役にして、いつの間にか空想話を作っていたりもしました。
『たぬ』ちゃんのお嫁さん。
偶然とはいえ見かけた事が、もう【運命の出会い】のようですね。
そして2年後、無念にも再会は出来なかった・・・悲恋でしたか。
しかしその2年の間、実は忘れられず気になっていたあやおばさんの気持ち・・・それを思うと、もどかしいような^^

たぬちゃんのキャラクター絵、見ました。
可愛いですね^^様々な表情をしているところが、またイイ。
味のある『たぬ』ちゃんでしたよ!
追記 ブログ訪問ありがとう御座います。
ココログから新ブログに移転したのに、あやおばさんのコメントを見つけ・・・驚きました!
けれども、本当に嬉しかったです。
ではまた!!

投稿: ドキンちゃん | 2006年10月10日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: She was not there:

« 雨、雨、雨 | トップページ | ゲージツはやめられねぇ »