« ゲージツはやめられねぇ | トップページ | どうした? 東京 »

最近見つけたコンピューター雑誌

 Macにはまって既に20年。
 その間一時的な途切れはあったものの何らかのMac雑誌を買い続けておりました。
 でもここ暫くあんまり面白くないと言うか、一度ざっと読んだらそれっきりという感じです。
 
 最初買っていたMACLIFEはかつてライターも務めていた事がある程の惚れ込みでしたが、なんかつまらなくなったなーと暫く買わなくなっている間に突然の廃刊。(ライターの方は担当編集さんが突然辞職してプツリと終わってしまった)
 
 その頃からwebが本格化し、月一発行の月刊誌にはスピードの点で無理があったのかなぁ、と当時月2回発行だったMac Fanを暫く買うように。
 しかしその後この本が月一発行になってしまい、Mac Peopleに乗り換えたらこちらも程なく月一に。
 
 結局そのままだらだらとMac Peopleを買っていますが、例のIntel Macが出てから、そしてBootCampが出てからは「Windowsがネイティブで動く!」という記事ばっかり(の様な気がして)で食傷気味。
 
 「Windowsが欲しけりゃ素直にWindowsマシンを買うわい!」
 
 あとiPodの記事が多過ぎ。 家族を含めるとうちには2G、mini、初代nanoがありますが、その情報が欲しければiPod専門雑誌を買いますって。
 
 まぁ、一応Macの世界で何が起こっているかを追う為に買い続けてはいますが、以前のようなワクワク感はありません。
 
 そんなこんなで最近大きな本屋をうろうろしていると、それなりに面白い雑誌に出会いました。
 
 一つは「Web+DB Press」で、もう一つは同じ技術評論社から出ている「Software Design」。
 いくらOS X ServerXserveも出しているAppleとは言え、普通のMac雑誌にサーバー関連の話題を載せろと言うのは無理だというのは解っていて、はて、ではそんな人は何を読めば良いの? と思っていたので、PHPやらDBやらOpenPNEなどの記事が出ているこれらの雑誌は久々に知的好奇心くすぐられまくりです。
 
 もちろん記事全部を理解するのは無理ですが、MACLIFEを初めて買った時も確かそんな感じでパラパラめくっていたなぁ、と思い出すと、それすら何か新しい期待をさせてくれる難解さだったりします。
 
 そして昨日、近所のダイエーに入っている本屋にふらりと立ち寄ったら(本当は上記2雑誌を探していたんだけど、さすがにこの規模の本屋には置いていません。安定して買うにはジュンク堂クラスでないと)、MdNが「Web STRATEGY」という雑誌を出しているのを発見。
 
 はっきり言って紙媒体ならともかく、Webデザインはもう若い連中に叶わないと思っています。 しかし、上記サーバー関連や全体構想などはまだ私でもついて行けるし、むしろ年齢的にそう言う話を受け持つ事が多くなってきているので、これまたワクワク感を刺激してくれる一冊でした。
 
 商業コミュニケーションはまだインターネットにシフトして行くだろうし、その中心はwebであり、その背後を固めるのはデータベースを含むwebアプリケーションとサーバーだと私は思っているだけに、暫くはこの世界をうろうろしてみたいと思っています。
 誰かが「Web 2.0時代はデータベース時代だ」と書いているのを読んだ事があり、まさしくそうだなぁ、と想ふけふこのごろ...

|

« ゲージツはやめられねぇ | トップページ | どうした? 東京 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/12337300

この記事へのトラックバック一覧です: 最近見つけたコンピューター雑誌:

« ゲージツはやめられねぇ | トップページ | どうした? 東京 »