« 池袋までお通夜 | トップページ | 杉山登志 »

この夏の個人的大人の宿題

 と、夏休みも事実上カウントダウンの状態ですね。
 私立の息子は既に金曜日から学校に。
 
 で、この夏休みは何をやっていたかというと、ずっとosCommerceのカスタマイズをやってました。
 例年、この時期になると「あぁ、あれをやるはずだったのに」と後悔するのが常ながら、今年は「まぁまぁ、よくやったほうじゃないの?」という感じです。
 
 osCommerceの何をしていたかというと、簡単に言うと商品のグループ表示化です。
 osCommerceは基本的に商品単位で表示し、オプション選択をそれにつける、という形態で、パソコンの部品やDVDなどを販売する時にはこれで全く問題はありません。

 ところが衣服類(靴なんかもそうかなぁ)だと、一つの商品にサイズと色のバリエーションがあって、それぞれ三種類あれば9つの商品を登録します。
 そうすると、デフォルトの画面上の「新着商品」に基本的に同じ商品群がずらっと9個並ぶ事になり、お客に取っては良い迷惑。 
 しかし、バリエーションごとの商品登録もしないと、今度は在庫をそれぞれ管理できなくなるので、例えばMはあるけど、Lの注文が来たら在庫切れ、というトラブルになります。
 
 ということで、いくらバリエーションがあっても表示されるのは一つのグループとして表示され、商品は在庫も含めてバリエーションごとにきちんと管理もできるようにしたわけです。
 
 な〜んて事を書いてもosCommerceを知らない人にとっては全く「?」な話でしょうが、一口に上のような仕様変更と言っても、ほぼ全ての部分に手を入れなくてはならないし、データベースには新たなテーブルは作らなくてはいけないし、と思ったより大変な作業でした。
 「できた」と思ってもあちこちクリックすると思わぬエラーに遭遇して、日々それを潰すという地味〜な作業の夏の日々。
 
 何よりPHPもMySQLも自己流で覚えたのと、オープンソース系のカスタマイズは、他人の書いたコードを読み解いていく事から始まるので最初のうちは「こりゃ無理かな」とすら思っていたので、それなりの達成感はあります。
 
 調子こいて詳細検索の部分もオリジナルには無い項目を入れたり、在庫のあるものから検索するなどを加えたりしましたので、ご興味がある方はこちらのサンプルをご覧になってみてください。
 以前ここでも紹介した携帯版の方のサンプルはこちらで、データベースはパソコン版の方と共用になっています。 ただ、テーブル表示はFOMAやWINで無いと無理なようで、今後の対応を決めなくては...
 
 GPLライセンスの考え方からすると、こんなカスタマイズでも公表しないといけないんでしょうね。 と、言ってもここじゃあまりに専門的すぎるので、落ち着いたらどこかのホームページででも紹介したいと思います(って、走り書きみたいなもんですけど、多分)
 
 さて、これで終わりかというと、次はお客様には見えない部分の裏方の方で、商品の一斉アップロード化としてEasyPopulateのカスタマイズに取りかかっています。
 ただ、これも当然というかなんと言うか、思う通りの仕様ではない訳で、またカスタマイズ地獄が待ち受けています。 とりあえずは2300行ほどあるPHPのコードを読む事から始めないと...
 
 成功したら、上記のサンプルページにずら〜っと多彩な商品が並んでいると思います。
 まぁ、ここまで来たんだから何とかなるでしょうけど...

|

« 池袋までお通夜 | トップページ | 杉山登志 »

osCommerce」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/11624097

この記事へのトラックバック一覧です: この夏の個人的大人の宿題:

« 池袋までお通夜 | トップページ | 杉山登志 »