« あと十日くらい? | トップページ | 池袋までお通夜 »

23時23分

 私の住んでいるマンションはいわゆる超駅近という物件で、電車に乗るまで傘が要らない、という環境です。
 ということはベランダからJR西日本の線路が見える、ということになります。
 
 既に私が元鉄道ファンだった事は何度か書いておりますが、他の住民が「思っていたより鉄道の音がうるさい」と入居当初言っていたのを思い出すと、気にならない私はまだスピリットを失っていないようです。
 
 小さい頃、憧れの東京発九州方面のブルートレインが夜中には毎日この駅を通過していながら、見る事ができないと言う歯痒さのようなものを感じていました。
 ところが今はふと通り過ぎる音に目を向けるとその頃に比べて圧倒的に本数が減ったとは言え、真夜中に関西地区を過ぎる寝台列車をベランダから見る事ができるのは、やっぱり嬉しいものなのです(解らない人には解らないだろうなぁ)。
 
 そんな中、題名の23時23分頃に日本で唯一のコンテナ貨物電車「スーパーレールカーゴ」が東京のターミナル目指して疾走して行くのが見えます。
 私の住んでいる吹田は、国鉄時代からJR貨物に至るまで貨物輸送の要とも言える場所で、機関車や乗務員の交代でここを通り過ぎる貨物列車は必ずここに停車します。 が、この貨物電車はそれさえぶっちぎって、始発の安治川口駅(USJの近所)を出たら、愛知県で一回、静岡県で一回停車する以外はノンストップです。
 本格的な貨物電車は何十年も前から計画されていながら、やっと実現したと言う代物で、東京—大阪間を、かつて新幹線ができる前の旅客特急電車よりも速く駆け抜ける(在来線などまるでやる気の無いJR東海のなんだかんだの嫌がらせを受けつつも)という、ファンならばやはり憧れの列車な訳です。
 
 とは言え、両駅を夜中に出て、早朝に到着する為、夏至辺りでないと写真に収める事はできません。
 この列車は佐川急便が国の奨励金を受けて丸ごと利用している為、全車両にデザイン的に揃ったコンテナが
乏しい街の光を受けて銀色に輝きながらハイスピードで駆け抜けるのは良い歳こいてもワクワクします(解らない人には解らないだろうなぁ)。 
 
 まぁ、電車と言っても人が乗るそれのように、編成の間に何両もモーター付きの車両があるわけではなく、16両中、前後二両づつ合計四両のみにモーターがついているので、ちょっと普通の電車とは違うのですが、最新の設計らしく、走行音が非常に軽やかなのが特徴です。
 だから毎晩この時間になると、と言うより、この音を聞いて時計を見ると23時23分だった、という具合で、いわゆる昔の田舎の「あぁ、最終の汽笛じゃぁ。もう寝るべ」というようなものです。
 
 もちろん、私の場合、どちらかというとこの通過音が聞こえると「さぁ、事務所に行くべぇか」となるわけですけど。
 
 その他、「今日は早めに切り上げて寝よう」とマンションに帰って来たら東京から山陰・四国に向かうサンライズ出雲・瀬戸が駅を駆け抜けるのが見えたり、いや、やっぱり私、この暴風マンション好きかも。

Railcargo

|

« あと十日くらい? | トップページ | 池袋までお通夜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 しっかり全編読みました。
 まぁ、普通の人は呆れるのでしょうが、私は全く違和感がないと言う...
 
 子供の頃の北海道は関西からは既に聖地で、40歳を超えて初上陸した時にも、どうしてもSL王国だった時の関連しか思い出せませんでした。
 大沼公園付近のかつての「ニセコ」の撮影名所だとか、夕張と言えば夕張炭坑の4110とか、そうそう、最後の駅となった苗穂にしても北海道随一の車両整備工場があったなぁ、とか。

 新千歳から室蘭辺りは今や貨物輸送の大動脈ですから整備が行き届き、乗った老兵電車の乗り心地が良かったのもそのせいでしょう。 時々通る堂々の長大貨物列車を新千歳の全日空ホテルの客室から眺めていた事があります。

 でも北海道の鉄道って実は一度も乗った事が無いんですよ。 飛行機か車ばっかりで。
 いつかは海沿いの路線をのんびりと、なんて考えてたら、海沿いの路線っていつのまにか相当淘汰されちゃったんですねぇ。
 仕事で行った陸別の辺りを走るなんとか高原鉄道も廃止になったから、海沿いだけでもないのか...

投稿: あやおば | 2006年8月22日 (火) 14時59分

この日曜日にバカな事をしてきましたので、よろしかったらどぞ↓。

http://plastic-bamboo.air-nifty.com/blog/2006/08/2040__9d46.html

私の親も国鉄職員で、生まれ育った場所のすぐ横には線路が通っておりました。ちっさい頃はSL牽引の石炭積み出し列車も間近にみることができましたし、それなりに年を食ってからは、通る列車の音で時間を知ったものでした。

しかし、一人暮らしをはじめ、自分のクルマを持つようになってからはそんな鉄道とも疎遠になってしまいました。

しばらく「鉄の上を走る鉄の音」を聞いていなかったので、丸々一日「がたんごとん」を感じているのは結構いいリフレッシュになりました。

が、現在、筋肉痛だったり肩こりに似た臀部筋肉の痛さに悩まされております。

投稿: たけぴ | 2006年8月22日 (火) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23時23分:

« あと十日くらい? | トップページ | 池袋までお通夜 »