« mbstringのありがたみが今ひとつ | トップページ | 長野県岡谷市湊 »

イスラエルなぁ...

 日本ではあんまり大きく報道されていませんが、またイスラエルがお得意のパレスチナだけでなくレバノンに対して相当な攻撃を仕掛けています。
 大義名分としては以前から対立していたレバノンのイスラム過激派への報復とか殲滅とか言われていますが、その規模が相変わらず半端じゃない。
 
 今朝の時点でイスラエルの犠牲者1に対してレバノンの犠牲者が10倍でているわけで、圧倒的な軍事力を背景にやりたい放題です。 これは戦争じゃなく、単なる袋叩き。 殺戮。
 
 イスラム社会の中にぽつんと全く宗教・生活構造の違う国がなぜ置かれたについて遡るとキリが無いし、そもそもいい加減な約束をしたイギリスが悪い、なんてことにもなるのでそれはさておくとして、何よりアメリカの対応が情けない。
 アメリカの経済の重要な部分はほぼ全てユダヤ経済に握られている弱みと言うけど、あれほどあからさまなえこひいきってのは国として恥ずかしくないのかといつも憤りを感じています。
 アメリカのユダヤ経済にしても石油価格があれだけ上昇してメリットは何も無い筈。(この高騰を読んだ儲けは別として)
 
 たまたま今回は紆余曲折を経ながらも北朝鮮に対して決議までこぎ着けた国連も、レバノン攻撃に対しての安保理決議では全く裏で話あう余地がないかのようにあっさりとアメリカが拒否権発動。
 そら力でいくら世界を牛耳っても、誰も真のリーダーとして尊敬する訳が無いわな。
 
 そうは言いつつ、国連軍を投入して戦争状態のレバノンを何とか落ち着かせようとしていますが、それに対してイスラエルは全く受け入れる様子はありません。
 まぁ、そうでしょうね。 いつもイスラエルはさんざんやりたい放題やってから仲裁案を受け入れるわけで、今回も、そしてこれからも自分たちの思うままに中東で振る舞うでしょう。
 
 あの尊敬する皮肉家のいしいひさいちでさえイスラエルネタは殆ど扱いませんから、イスラエルを批判すると右翼の宣伝カーよりも怖い嫌がらせを受けるのかもしれません。
 でもいつも割り切れないのは、かつて同報が受けたホロコーストや虐殺の歴史を精神的背景として過激な軍事行動の理由にするけど、あれじゃ今のイスラエルがかつてのナチスをはじめとする欧州国家と同じじゃないかと。
 自分たちが大量虐殺を受けたから他国にもそれを味あわせる権利がある、と仮に言うなら、それは例えば日本が原爆投下を受けたから、他国にも落とす権利があるというのと同じくらい馬鹿げた理屈です。
 
 痛みを受けたからこそ他人にその痛みを与えない、という日本人の古い概念は世界では笑い話なんでしょうか。
 
 今まで何度もイスラム諸国が連携して戦争を仕掛けても、その度にぼこぼこに負けてますから、今回のレバノンもイスラエルの考え方を変えることは全く望めず、下手をするとパレスチナに加えてさらに占領地を増やすのが関の山でしょう。 よって今後も周辺国の遠吠えゲリラ活動も影を潜めないと言う悪循環。
 
 仮にさらに戦火が拡大してもアメリカは止めるどころか援軍を送るかもしれないアンバランスは間違いなく、こうして未だに根強いユダヤ人への悪印象、そしてアメリカへの絶望が増すだけというのにそろそろ彼らも気がついても良さそうなもんなんですけどねぇ。

|

« mbstringのありがたみが今ひとつ | トップページ | 長野県岡谷市湊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

宗教、人種の対立…これはもう、
当事者たちが妥協し会うしかない気がします。
けれど、そこに利害関係や、バックに大きな組織や国家がついている…だから、話は更にややこしくなる…(;゜ロ゜)
イスラエルの件に、アメリカが関わっているとは知りませんでしたが…うーん、どうも不味い状況ですよね。
何より、実際に人の命が奪われていくという現実問題!
今の世界の力バランスが、微妙になってきている気がしてなりませんね。

投稿: ドキンちゃん | 2006年7月24日 (月) 23時18分

京都議定書って名前自体を知らないでしょうねぇ。
「オー、キョート! ギテイショ? カブキノコトネ」程度で。

今日テレビで平均気温を2度まで上げるな、これが限界だ、と言ってましたが、最後の1セントを稼ぐまでアメリカはボーボー燃やし続けるでしょう。
やっぱり○○○が世界を滅ぼす様で...(さすがに私でも伏せ字にせざるを得ない)

投稿: あやおば | 2006年7月22日 (土) 23時51分

アメリカ国民の中で、分かってる人ってどれぐらいいるんですかね?
北朝鮮国民並みじゃないかなぁ・・・
アメリカ政府がこれが正義!と言えばそうなんだ!と鵜呑みにしている国民が大多数のような気がしてならない。

日本も限りある化石燃料(しかも外国にある)を大量消費してどんどん二酸化炭素にしているような国ですが、すくなくとも自分達がやってることが正しいとは思ってないですよね。アメリカは京都議定書すら拒否しちゃう国ですが、アメリカ国民は本当にそれが正しいことと思っているんじゃないかと。

投稿: DS | 2006年7月22日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルなぁ...:

« mbstringのありがたみが今ひとつ | トップページ | 長野県岡谷市湊 »