« 脱オタクファッションガイド | トップページ | 打つも打ったり »

誰が知ってんねん

 週三日ニート((c)私)としては今日も今日とて晩ご飯当番。
 調理中なのを良いことに子供はNHKのニュースではなく、なんだかどうでも良い民放をつけていました。
 
 以下、完全なオヤジのグチ。
 
 それはよくあるものまね番組だったんだけど、ネタの歌が古過ぎ。
 酷いのは私が10代ぐらいの頃の歌なので30年くらい前? アーカイブスかいな。
 
 たまたま食事中にやっていた時間帯はそれは酷いもので、北島三郎、美川憲一、イモ欽トリオ...
 で、これがNHKの日曜の昼下がりのお年寄り向け番組なら解るんだけど、会場の若い見学者は歌が始まった途端に「似てる〜」とばかりにお決まりのどよめき。
 
 そんな筈無いやろ。
 
 今日はたまたまフジテレビ系列でしたが、他局でやってるのも似たり寄ったりで、二十歳前後の審査員がわざとらしくヘッドホンを耳にして「そっくりなんで驚いてしまいました」とか言ってるけど、あんた「8時ちょうどのあずさ二号」なんていつ聞いたの?と突っ込んでしまいます。
 
 いや、これがお約束なのも解ってるんですよ。
 でもなぁ、なんだか食ってるスープスパゲティ+トマトサラダがカビ臭くなってしまう。
 
 確かにこの手のものまね番組って面白い時期がありました。
 多分20年くらい前に始まったと思うんだけど、以後基本的にネタの中身が変わらない。
 顔に落書きしたり、テープで輪郭変えたりと、あの辺りは「そこまで追求するかぁ」と感心もしていました。 でもその内、テレビ局のプロデューサー絡みだとか、所属事務所のしがらみとかでコロッケや岩本恭生が干されたとかのまるで地方暴力団系興行並の生臭い噂を聞くようになってうんざりしてきたのも事実です。
 
 さらに愚痴るなら、ツーコーラス目から本人が登場するってのも、もううんざり。
 礼儀がものを言う世界で収録前に楽屋に来ているのを知らないわけが無いだろう、ってのはもう素人でも常識な訳で、和田アキ子なんて事前に挨拶に行かなかったら両手をついて詫びない限り許してくれないでしょう。
 んで、本人もたいしてギャラのかからない地方巡業系がメインで、なんだ、結局この手の番組って生活の苦しい芸能人救済措置の一環か、とまで思えてしまいます。
 
 そう言えば、冒頭の古い歌を喜ぶのって地方の温泉ホテルだとかスパワールドの余興に来ている50代から上の中高年なわけで、結局巡業ネタをやってるだけなのでしょう。
 ある意味、彼らはそう言う場で磨かれているプロであり、作り手側としては非常に楽であることは間違いなく、それをゴールデンタイムと言うスポンサーに高く売ることができる枠で送り出せるんだから、そりゃこの手の番組が無くなるわけが無いかぁ、と納得せざるも得ません。
 まぁ、「素人でも弾けるキースジャレット風ピアノ」なんてタモリ古典ネタがゴールデンタイムで受けるとは思いませんが...
 
 解ってるんですよ、嫌なら見るなって。
 でも家族が見てるんだ。 これが一番嫌なんだ。

|

« 脱オタクファッションガイド | トップページ | 打つも打ったり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 そうそう、ここでも以前愚痴ったことがありますが、マンションなんかだとリビングを中心にして部屋があるので寝るに寝れないことがありますね。

 昨年の風邪引きをきっかけに寝る部屋が私はかわったものの、それまではイヤープラグ必需でした。(また嫁が耳が遠いのか、広い田舎の実家で育ったせいか、テレビの音量がでかいんだ)

投稿: あやおば | 2006年7月 6日 (木) 03時26分

怪おばさんが代弁してくださいました。

普段はシゴトをしている時間なので、見ることはないのですが、実家に帰った時にソレ系の番組がやっていると、両親、弟がゲラゲラ笑っているのです。

笑えない私は居たたまれなくなって、さっさと布団を被って寝てしまおうとするのですが、普段寝るのが明け方なもので、眠れるはずもありません。

ちっ。安易なモノマネ番組なんて嫌いだー。

投稿: たけぴ | 2006年7月 5日 (水) 03時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰が知ってんねん:

« 脱オタクファッションガイド | トップページ | 打つも打ったり »