« 夜行性恐竜の観察 | トップページ | 脱オタクファッションガイド »

サッカーおもろいやん

 ここ暫くの過去の発言を見て頂いてもわかるように、私はそれほどサッカーに興味がありません。
 ワールドカップ前になって予選での日本チームの成績がマスコミで取り上げられるようになってやっとテレビで見ると言う、最も普通的レベルと言っていいかと思います。
 
 改めて書くまでもなく、日本代表チームは一次リーグで敗退し、これでもうワールドカップを見ることも無いなぁ、日本のサッカーブームもJリーグファンを除いて暫く静かになるなぁ、と思っていたら...
 
 決勝リーグが面白い。
 
 そもそも理屈好きな私は、今ひとつ基本用語や戦略がわからないのでサッカーに熱くなれない、という側面がありました。 ツー・トップとかオフサイドとかは大体わかって来たものの、今でもボランチの意味と役割がよくわかりません。
 一次リーグ敗退メンバーから選んだベストイレブンの中に中田英寿選手が入ったと言われても、今ひとつなんでかよくわからんと言うか、キーパー部門二位だった川口選手との評価の差がよくわかりません。
 
 とかなんとか、要するに、あ〜、終わったなぁ、と思いつつふと決勝リーグを見たらこれがサッカー素人でも面白い。 スピーディー。 迫力。 華麗。
 これを見ていると日本代表が本戦に上がれなかったのは当たり前としか言いようがありません。
 応援はしていたけど、日本戦は退屈だったのです。
 
 四年前の日韓大会の時はどうだったかと言うと、日本も本戦に進んだし、韓国人が日本を応援し、お返しに日本人も韓国を応援するという、何とも言えない協調ブームもあって、今考えるとヨーロッパやブラジルの戦いぶりを今ひとつ見ていなかったんでしょう。
 あれで急速に日韓の若者が歩み寄ったのに、そう言えば小泉がぶちこわしたんだなぁ、と変なことも思い出しつつ、今年は日韓も含めてアジア全滅。
 
 ということで、しつこく書きますが、私にとってのワールドカップは終わっていた筈なのですが。
 
 今終わったブラジル—ガーナ戦など、外国でも判官贔屓があるのか、全体としては王者に一矢報いようとするアフリカからの唯一のチームを応援ムード。
 私としてはロナウドやロナウジーニョなど、素人でも結構知っている選手の活躍も見られた上に、なによりそんなガーナの惜しいシュートに思わず腰を上げて「惜っし〜〜」と拳を挙げる始末。 日本戦でもこんな挙動は見せませんでしたって。
 
 これからドイツ、イングランド、そしてブラジルという私のレベルでも知っている強豪チームが直接対決するし、これに起死回生を目指すフランスなどが絡んでくるわけで、何と言うか予定外の寝不足の予感です。
 
 いやぁ、しかしなぁ、この性格だもんなぁ>自分自身
 暫く経ったら「日本も四年後を目指すならドイツの○○、ブラジルの△△は見習うべきやね」とか言ってるかもしれないのが怖い。
 
 そうだ、頑張れ阪神。 もっと打て。 ひっこめ片岡。

|

« 夜行性恐竜の観察 | トップページ | 脱オタクファッションガイド »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

世界のトップと日本との差は、やはり歴然でしたね。
ボール回しだけ見ていても余裕が全然違いますね。
ジーコは体格差を言ってましたが、それだけじゃないな。当たらないときもプレーに格の違いを感じましたね。

プロ野球の結果を後から見なおす時に、私はYahoo!を見てますが
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/live?id=2006063003
サッカーでもこんなふうに見なおすことができるんですね。さきほど知りました。
http://www2.asahi.com/wcup2006/schedule/2006062203.html
でも、野球はコレで結果見ても面白いですけど、サッカーをネットで試合経過だけを見ても全然面白くないです。やはり一つ一つのプレーを映像で見ないと意味無いってことでしょうね。

投稿: DS | 2006年7月 1日 (土) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーおもろいやん:

« 夜行性恐竜の観察 | トップページ | 脱オタクファッションガイド »