« 文部科学省の噴飯 | トップページ | 富士山麓にオウム鳴く »

「はぁっ」「うぅっ」「あぁっ」

 別にヒワイな事を書こうとしているのではありません。

 最近はドラマも見なくなったし、19:00のNHKのニュース以降は阪神の中継とニュース以外はいわゆるゴールデンタイムは殆どテレビをつけなくなりました。
 
 とはいえ、土曜日はちょっと特別で、「エンタの神様」から「恋のから騒ぎ」、「スマステ」と限定テレビっ子(オヤジ?)になります。
 「エンタの神様」は別の日にやっているNHKの「爆笑オンエアバトル」出身のがいたり、逆に「エンタ...」で見なくなったと思ったら「爆笑...」に戻ってまたチャレンジしてたりと、私らしくマニアックに多元的に楽しんでいます。(POISON GIRLの夢ちゃんネタは好きだったんだが)
 
 吉本系バラエティもあまり好きではない中、明石家さんまだけは例外で、ほぼ同年代ながらあの切れの良さ、特に噛まない喋りの才能を尊敬しています。 でも今期のから騒ぎのゲストはあんまり魅力的な女性がいないなぁ...
 
 さて、そんなこんなで時間が経過するとMBSで「アニメシャワー」が始まります。
 先日も一年生に「え?先生アニメなんか見るんですか」と言われて驚かれたけど、何言うてんねん、わしらが元祖アニメ世代やでぇ。
 さておき、この時間帯は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(再)「ああっ女神さまっそれぞれの翼」「魔界戦記ディスガイア」「×××HOLiC」と二時間立て続けにアニメが流れ、全部見終わるとほぼAM4:00。

 ガンダムは以前に書いたように、伝説的初代の「絵」が好きになれなかった事と、巨大二足歩行型ロボットの物理的矛盾が我慢できずにずっと拒否。 とはいえ後にエヴァに「あれはロボットじゃなくて人造人間だから」と言い訳を付けてはまったから、いい加減なもんですけど。(人造人間故にあの大きさと重量はさらに無理)
 その後、数十年を経て何故かガンダムファンには評判が良くない「ターンA」の絵が悪くないと思った後、SEEDの絵も嫌いではありませんでした。
 
 ここでやっと題名の変な擬音語のネタに。
 このSEED DESTINYでの会話シーンで、動揺したり核心に触れられたりするとやたら「はぁっ!」「うぅっ!」「あぁっ!」という台詞が入るのですよ。
 これが最近のアニメの台本の傾向なのかと他のを見ても別にそうでも無さそうなので、どうもこのSEED系の特徴のようです。 んで、これが妙に気に触るのです。
 
 こういう演出って、映画等では微妙な表情の変化を捉えたり、シーンを後ろ姿や指先に切り替えたりする事であえて台詞の力を借りない、というのが現在の主流な訳で、むしろアニメと言うよりマンガに近い手法かも知れません。 言い換えると「が〜ん」とか「どよ〜ん」とかの擬態語をわざと台詞として喋らせた時代からの名残りなのかも。
 
 エヴァンゲリオンでも既に「絵が古い」と言われる今、SEED系は確かに新しい絵であると思います。 なのにこの擬声語を妙に古くさく感じてしまうので余計違和感が残るのでしょうね。
 
 ま、どうでも良いと言えばどうでもいいですよ、なんですけど。
 
 ところでこのアニメシャワー、「×××HOLiC」はどうにもアキバ系というか身内ネタに走りすぎる表現が多すぎて見る事ができません。 今や死語となった「やおい系」の流れを感じてしまうからかな...
 ということは「ディスガイア」まで見てるのか?
 
 ははは、そうなんですよ。 なんというかあの台詞の端々の遊びが妙に気に入って... アキバ系どころか、私の嫌いなゲーム臭がプンプンしてるんですけどねぇ...
 ということでおつきあいで間の「ああっ女神さまっ...」も見てます... 「これってZOIDの絵だよなぁ、うん」とか言いながら。
 
 ええかいな、このおっさん...

|

« 文部科学省の噴飯 | トップページ | 富士山麓にオウム鳴く »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 納得&おひさ>あかる

 人気定番から癒し、ゲーム系、オタク系と揃えたあの二時間枠は考えればバランスが取れていると言えるかもしれませんね。
 「女神さまっ」はこの先どうストーリーの展開があるんだろうと思っていたら、なるほど、そう来たかという感じです。 どこかでこれって...と考えたら「めぞん一刻」に似た印象が。
 もちろん悟りと言う点ではベルダンディの方がずっと上ですけどね。

投稿: あやおば | 2006年6月 9日 (金) 07時16分

「xxxHOLiC」は、原作がCLAMPだからね~、そりゃ身内ウケっていうか、ヲタ臭はすると思うよ。
CLAMPなんて、私が中学生くらいの時にはすでに同人誌描いてたんだもん。
それに、ストーリーを作る大川氏自身が、これまで見てきた・読んできたものの影響を受けて作った作品だから、彼女の自己完結にすぎない、っていう意見もちらほら。
どっかで見たような・どっかで読んだような内容になってしまうのはしょうがないですね、それこそ同人出身だから。
同人出身でも、ほんとのオリジナルストーリーを描(書)ける人もいるけど。

ちなみに「女神さまっ」も見てます。
「女神さまっ」でほんわかしたところで、たいてい就寝します(笑)

投稿: あかる | 2006年6月 8日 (木) 23時32分

>「スタンバっておけ!」って台詞から

 へ〜〜〜〜、それは全然知らなかった。 大驚。
 てっきりスタジオ用語かと。
 そういえばエヴァが最初に放映された時、ミサトが使ってた「ちょっち」(ちょっと)っていうのをよく耳にしました。 当時は何の事やら解らんかったけど。

 ガンダムにせよ、エヴァにせよ、パトレイバーにせよ巨大二本歩行足ものはその存在の科学的矛盾を打ち消すかの様にディテールのリアルさに凝ったんでしょうね(薬莢の話)。
 そう考えると鉄人28号なんてとっても牧歌的。

投稿: あやおば | 2006年6月 4日 (日) 14時18分

ガンダムの台詞廻しってはファースト時代から特有な物がありましたね。 「ふんッ」「ちぃーッ!」とか自分の気持ちの部分を台詞で表していたのはやはり、当時の作画技術ではキャラクター表情での表現は無理だった為の苦肉の策かもと思っています。

あとガンダムは武器名を叫ばないってのもありますし、ザクマシンガンの薬莢が飛ぶシーンに当時中学生の私は感動したもんです。

さて、結構使ってる人が多いとは思いますが「スタンバる」(準備する)とか「スタンバって」(準備して)とかのスタンバイの動詞?はガンダムのブライト艦長の「スタンバっておけ!」って台詞からなんですよね・・・

投稿: いんて | 2006年6月 4日 (日) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はぁっ」「うぅっ」「あぁっ」:

« 文部科学省の噴飯 | トップページ | 富士山麓にオウム鳴く »