« 追憶 | トップページ | Mac関連雑誌の憂鬱(1) »

It's been a hard day's night

 恐らく今頃はみなさんドイツ vs コスタリカ戦を見ているんでしょうねぇ。
 私はと言えば、爆笑オンエアバトル→samurai7→サラリーマンNEOという変わり者。
 いや、samurai7って金曜日だったんですね。 初回を見た時に独特の設定、絵柄と原作「七人の侍」という組み合わせで気になっていたのに、どうやら八回も見落としていたようです。
 
 NHKってつくづく屈折した会社だと思います。
 サラリーマンNEOって誰か面白いと思って見ているんでしょうか?(あ、わたしか)
 民放に比べるとどうも尺の切れ味が悪くってお尻がかゆくなるんだけど、なんなんだろう。 アニメにしてもsamurai7だとか冬の女王とか妙に力入りまくりの作品作るし。(おじゃる丸が一番凄いけど)
 ああいう一種無駄みたいな番組を文化だと誰かが思っているんでしょうか?(あ、わたしか)
 ああいうのを見てNHKはもっとチャンネルを減らせ、と答申が出たんだったら悲しいですね。
 
 話変わって、金曜の朝。 前日の早寝のお陰で朝6時起床。
 メールチェックも済んで余裕で駅に着いたら、♪財布を忘れて全然愉快じゃないサザエさん。
 夕方には久々に某大企業絡みの打ち合わせがあるのに何とも縁起悪〜と思いつつ、何とか学校には遅刻直前で滑り込みました。
 
 その打ち合わせは何と言うか久々の真剣勝負。
 別に普段の仕事がいい加減というわけではなく、面子の気心が知れないというのは間合いを測るのに苦労し、ちょいとしかけた言葉を返されてピッと頬を切られると言う具合です。
 幸いに話は一歩前に進んだのは何よりとは言え、久々に戦法を反芻しながら家に帰りました。
 
 さすがにこの歳になるとそういう場所で妙に緊張したり頭が真っ白になると言う事はありません。 しかしこれが逆に将棋みたいに一手一手を覚えている事になり、さて、これからどう進めるべ、と思うと久々に思い悩むと言うのが正直な所で、そんなとこも真剣勝負と表現した所以です。(samurai7見た影響も確実にあるなぁ。影響されやすいなぁ)
 
 そこで逆に今日はもうその仕事について考えるのはやめよう、と上記のNHKハシゴになったわけですが、う〜ん、眠たいんだけどピアノも弾きたい。
 
 先日、教えている学生達がグラフィック部門であるにもかかわらずサウンド分野のイベントでライブを敢行しました。 以前、学校の関係者がライブに出た時にも書いたように、やっぱりああいうのを見ると単純にええなぁ、かっこええなぁ、と思ってしまいます。
 特にコードでもソロでもそれなりに絵になるギターは自分が今ひとつコツを掴めなかっただけに羨ましく、その点、キーボードはああいうノリが難しいもんなぁ...と思っていたら、ふとNUTROCKERという、もう35年も前に出たELPの曲が頭に浮かびました。
 
 そうそう、自分の下手を棚に上げて決めつけてはいけない。 あんなすげぇプログレをキーボードでやってたんだと、試しにiTMSで探したら「あった」。
 高校のときコピーしようとして全くお話しにならなかったのに、試しに今弾いてみたらなんちゃって程度ならある程度弾ける!
 
 ということで、こういうのを死ぬまでにコツコツコピーするってのも悪くないなぁ、と思いつつ、夜中に酒飲んでヘッドホン付けてクラビノーバをゴソゴソ叩いてます。
 そして寝たい or 弾きたい、の狭間にこうしてblogを書いているという不条理さ。
 
 ま、それだけ疲れたんでしょう。

|

« 追憶 | トップページ | Mac関連雑誌の憂鬱(1) »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: It's been a hard day's night:

« 追憶 | トップページ | Mac関連雑誌の憂鬱(1) »