« ちょいやば? | トップページ | チンドン・ハーレー »

車は杖か

 カレンダー上は昨日、今日と平日ながら、私の学校は9連休なのでのんびりさせて頂いております。
 連休初日の土曜日に至っては殆ど引きこもり状態で、家はおろか自室からも殆ど出ずじまいで、これはこれで少々不安でもありますが...
 
 当然ながら家を出ないとここに各ネタにも事欠くわけで、あっというまに数日のブランクができてしまいました。 いや、日付が変わる前辺りは本当に眠たくて。
 
 と、気分を切り替えて突然真面目な話しを。
 昨日、妙に車の流れが悪く、そうこうしている内に前を走る車が左から前を走る車を追い抜いて行きました。 これは違反と言えば違反。
 私は比較的近所のノイロ・カフェからの帰りだったのでそのままのんびり走っていたものの、どうやらその原因は一台の著しく遅い車にある事が判明。
 途中で左折するので車線変更してドライバーを見ると老人。
 
 そこで思い出したのが数ヶ月前の家内の実家周辺での出来事。
 同じく非常に流れが悪く、既に速度はその道の制限速度の半分程度。 いや、これはあんまりだろう、と思っていたら前を走る車数台がさらにその前の軽自動車を追い抜きにかかり出しました。
 当然私も順番が来て、追い抜きざまにドライバーを見たらおばあちゃんがハンドルにしがみついていました。
 速度は恐らく制限40km/hの道で20km/hほどしか出ていません。
 
 高速道路じゃないので最低速度制限はないものの、特に農工機のように道の左端に寄っているわけでもなく、遅ければ抜けば良いと言いながら、それで対向車と事故を起こしたらこちらの責任。 また、こういう運転をしている人は突然右折等をする事もあり、それでぶつかってもこちらの責任。
 
 と、思い出しながら、結局彼らは自動車を杖か体の安定を任せるショッピングカート的に使っているんじゃないかと考えました。 ぼちぼちとそれに身を任せて歩道を歩く、的に。
 もちろん車は本来、一定のルールの下で多様な使い方があって当然ですから、それが悪いとは言えません。
 特に地方に行くと車が無いと病院通いや生活物資の買い物にも事欠くわけで、運転せざるを得ない。
 でも、明らかに流れを乱すような速度と言うのはいかがなものでしょうか、と。
 
 加えて、老齢化時代を迎えてこういう車の使い方がこれから益々増えてくる筈で、先に書いたこういう車が遠因で対向車との正面衝突や追い越し禁止区域での「堪らず抜いたら捕まった」が今後増えてくるのではないかと少々懸念した次第です。
 そういえば、高速道路やバイパス道の逆走も以前多発し、その多くが老人ドライバーだったと言うのも記憶しています。
 
 いや、本音と建前の間で難しい問題ですよ、実際。

|

« ちょいやば? | トップページ | チンドン・ハーレー »

」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

>70歳以上のノルマです。

 へぇ、それは知らなかった...
 ふと義父の歳を数えてみたら75才前後の筈で、だとすればその講習を受けている事になりますね。
 まぁ、若い時から仕事で乗っているから腕自体はさほど鈍っていなくて、判断力や考え方の方が心配、と言うところかもしれません。
 しかし、我々の世代はもっと運転人口が増えている筈ですから、自分も含めて抵抗あるんだろうなぁ。

投稿: あやおば | 2006年5月 7日 (日) 21時31分

当事者以外にはほとんど知られてないのですが、意外にも本人任せの任意ってわけじゃないんですよ。
免許更新時の高齢者講習の受講は、70歳以上のノルマです。
なので、実技もきちんと走れないと免許更新できません。
運転能力が明らかに落ちている人に、ぼちぼち免許を返上してくださいよ。っていう肩たたきみたいな制度です。

投稿: DS | 2006年5月 6日 (土) 18時33分

 どもども>丈燐さん&DS

 幸い、今回の家内の実家への行き帰りにはそういう遅い車には遭遇しませんでした。 ま、この季節、田植えで忙しい軽トラックなどがのろのろ走っているとは言え、こういうのはすぐに地道に入るので今では気になりません。

 講習にしてもマナーにしても結局、本人任せってのが気になりますね。
 そういうのにアンテナを張っている人はもともとマナーを気にしている人でしょうし、例えばうちの義父なんて、そんな講習なんてくそくらえで行かない人ですしねぇ... 
 祭りがあったら(距離は非常に短いとは言え)殆どの地元の人は飲酒運転だし、中にはベロベロの人も。 この先どうなるんだろうか、と思います。

投稿: あやおば | 2006年5月 6日 (土) 00時17分

田舎に住んでいるもので、制限速度以下で走る車の後ろにつくことが時々あります。
まあ、無闇と飛ばしてくれるよりはいいかぁ。って感じです。
でも、たまに左に寄って後ろについた車を前に出すようにしてくれるといいのにとは思います。(大型トラックはときどきそういうことありますよね)
というようなマナーを高齢者講習で指導してくれるといいんですが。
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83043.htm
上記は、神奈川県ですが、高齢者講習(運転実技)は全国的に実施されています。

投稿: DS | 2006年5月 3日 (水) 15時28分

免許更新時に実技も入れたほうが良いんじゃなかろうか、とね、思ったりもしちゃいますね。

じーさんばーさんでも、ちゃんとしている(ように見える)人はちゃんと運転していますもん。いや、それはただ、ちゃんとしているように見えるだけなのかもしれませんが。

投稿: 丈燐(たけぴ) | 2006年5月 2日 (火) 05時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車は杖か:

» ・・・・・・・・・ネズミと同居 !? [現実にある出来事の紹介]
最近はねずみを見かけることも少なくなってきましたが、居る所には居るものです。 そこでは一匹のネズミが出迎えてくれました・・・・・・・・・・・X 昨日見積もりに行ったお宅でのお話です。 この地区の地主さんらしく、大きな敷地の中には5件ほどの家が建っていました、ご挨拶をするとおじいさんが母屋の裏に案内してくださいました、そこには平屋の離れがあり、近寄るだけでネズミの臭い�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 13時08分

« ちょいやば? | トップページ | チンドン・ハーレー »