« 気になる人との距離 | トップページ | テンポラリー・普通の人 »

オペル撤退

 昨日の新聞を呼んでいると、日本GMはオペル車の日本からの撤退を決定したそうな。
 やっぱり、というか、むしろよくここまで持ったなぁというのが私の率直な感想でした。
 
 以前にもオペルは日本市場から消え、VW・アウディの販売権を失ったヤナセが仕方なく空いた商品棚を埋める為に輸入再開したのを思い出すと、つくづくオペルと言うのは日本で不遇な運命にあるようです。
 とは言え、今思えばヤナセはGMブランド、特にオペル車拡販にはよく頑張ったと思います。
 一時期のヴィータ、コルサ(アストラ)など、正確に数字は調べていないものの、当時のプジョーと匹敵、欧州フォード車をしのぐ販売を記録したのではないかと記憶しています。
 
 オペルと言うのはちょっと不器用なところがあって、新車を出した時にはまだあちこちが未成熟な状態である事が多く、そこから1〜2年後くらいに販売されている新車に乗るとなかなか良いセッティングに落ち着いているという一種の癖がありました。
 ドイツでのブランドポジションはVWの下、欧州フォードの上、と言ったところで、特にVW・アウディ系の人たちに一種の蔑みのような口調で語られる事が多かったとは言うものの、現在販売されている新車の中では最も上級であるシグナムや、かつてはスバルブランドでも販売されたザフィーラなど、なかなか魅力的な車もあったのが今となっては悔やまれます。
 
 で、日本GMはアメリカ車系とサーブはまだ販売を継続するということでしたが、サーブこそオペルのプラットフォームを貰って箱だけ改造しているというようなもので、同じならサーブも同時に止めてしまえば良かったのに、と個人的には思いました。
 
 こうなるのにはちゃんとした原因があって、売り上げが上がらないビジネスには金を落とさない、という単純なアメリカ的経営思考があります。
 GM本社の当時の考え方で、各国のマーケットは自らの現地法人を立てて販売するというのは結構だったのですが、自ら立ち上げたサターンは早々に退散、ヤナセの資産を譲り受けた形のその他のブランドもこうして潰してしまったのは、その当時の移り変わりを現場で見ていた私としてはごく当たり前だとも言えます。
 
 目先の売り上げに我慢できないのではブランド構築はできない、というのは言わば常識であって、それをヤナセは長年努力してやっとあそこまで育てました。 例えば当時ヤナセは国産車でもやらない「関西地区プレス試乗会」という手間とお金のかかる努力をしてまであまねく日本GMブランドの浸透に力を注ぎ、黙っていても売れるメルセデス・ベンツの店舗スペースを削ってまでGM車を販売しようとしました。 
 しかし、日本GMに輸入権が移ってからは試乗会は減り、招待されるジャーナリストの数も減少、モーターショーでは商品について質問しようにも日本GM社員がおらず、外注のイベント担当者が右往左往と言う状態。
 
 ヤナセにしても販売権を失ってプライドは傷ついたものの、その為の資産の浪費をしなくてよくなり、実質的に輸入車のメガ・ディーラーとして再出発をすることができるようになりました。
 結果、これまではやりたくてもできなかったアウディやBMWの販売にも手を広げる事ができるようになったわけですが、当時オペルやサーブの担当者だったヤナセ社員からは「どうしておれたちが折角あそこまで育てたものをわざわざ捨てて行くんだ」と悔しさをにじませる声を聞いた事があります。
 そんなこんなで当然売り上げが上がるわけも無く、さらに本国からの支援が減ると言う悪循環を絵に描いたような凋落の図式を辿ったと言えます。
 
 それだけGMグループ全体の凋落は早く始まっていて、かつ深刻だったと言う事なのでしょうが、それなりにオペル車を愛してきた日本のユーザーやファンに取っては何ともやり切れない結果としか言いようがありません。

|

« 気になる人との距離 | トップページ | テンポラリー・普通の人 »

」カテゴリの記事

コメント

 今、日産のZが定年退職世代によく売れている事を思えば、オペルのスピードスターやルーのスポールも上手な売り方を考えれば少数でも売れただろうし、少数でもブランドイメージアップに貢献できたと思うんですけどねぇ。
 どちらも日本に入って来た時の代理店の姿勢は消極的でした。

 レコルトやマンタが日本で走っていた頃はボルボもまだ地味なブランドでしたから、やっぱり継続は力なり、ってところでしょうか。 でも、当時はテイジンなど(オペルはどこか輸入してたっけ...)の純粋な第三資本でやってたわけで、今回のオペルのように本家自らの幕引きは最終通告に他ならず、本当にどうしようもない、って感じです。

投稿: あやおば | 2006年5月16日 (火) 06時43分

おおっと、いけない。
ハンドル入れずにコメント送信しちゃいました。
すみません。
小学生の時・・・というのを書いたのは私です。

というだけでは何なので、古い話のついでにコレ
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d61901099
全部で5千円ぐらいなら欲しいんだけどなぁ。

投稿: DS | 2006年5月12日 (金) 18時59分

小学生の時、近所の同級生のところがオペル・レコルトに乗っていて「すげー!外車だ!」というのが強く印象に残ってます。
それがどういう車なのかは私にはさっぱり分かってませんでしたが。
地味なセダンでもボルボみたいに何か特徴があればそれなりに商売になるのでしょうけどね。
または、F1で優勝しちゃうとか。ルノーのイメージはF1のおかげで凄くアップしてると思う。

投稿: | 2006年5月12日 (金) 18時17分

オペル、撤退ですか...
ちょっと前に出てたスピードスター、かなりスパルタンで好きだったんですけど。
近所の獣医さん所有ですが、日本にはほとんど無いそうです。
エリーゼの姉妹車みたいなものなのに、ほとんど皆知らないですよねえ。
確かにオペルってかなり影は薄かったですもんね。

投稿: 内藤隼人 | 2006年5月12日 (金) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペル撤退:

» 衝撃!オペルが日本市場撤退・・・BMWの順調さとは対照的 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
Responseさんによれば、オペル(GMアジア・パシフィック)が日本市場の販売から撤退することを明らかにしたそうです。 現在、オペルは、ヤナセの販売ネットワークとオペル専売店で取扱っているものの、販売は低迷したままで、今後の成長も期待できないため、撤退する。 BMWは好調・・・という記事ばかり書いていたのであまり他メーカーのことに目がいってなかったんですが、同じドイツ車でもこうも違う展開になるのかとちょっと驚きました。 写真は記事とは無関係ですが、オペルとBMWがサーキッ... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 10時00分

« 気になる人との距離 | トップページ | テンポラリー・普通の人 »