« チンドン・ハーレー | トップページ | 気になる人との距離 »

ミツバチの袋叩き

 この数日、GWの間にやっておきたかった遊びと言うことでエヴァのDVD編集をやっています。
 このアニメ、音楽が非常に魅力的で、クラシックありのアシッドジャズありのと、今でも音楽だけ聞いても飽きないセンスがあります。
 
 数年前、自分がビデオで取ったものや、劇場版DVDからの音楽が印象的だった部分を書き出してDVDにまとめていたのですが、昨年テレビシリーズDVDを手に入れたのを機会に、全てをデジタル原盤から作り直したのです。
 以前作った時のデータはジャケットやレーベルデザインも含めて全てバックアップに失敗した為に全て作り直しで、GWででもなければあほらしくてやってられない作業でもあります。
 
 自分の持っているDVDからのリッピングについては賛否あるようですが、VOBファイルをリッピング→mp4ファイルに変換→編集→さらに書き出したサウンドファイルをノーマライズ→あわせてdvファイルに書き出し→DVDオーサリングソフトで編集→エンコーディング、という作業はとてつもなく待ち時間が長いのでなかなか忍耐が要求されます。
 
 CPUが四つ入っている我がPowerMac G5 quadも、アプリケーション自体がマルチCPUに最適化されていなければその全力は出せず、一日で終える筈がもう三日もかかっています。
 ま、もう当分こんな作業はできないので、妥協せずちょっとでも気に入らないと手を入れ直すと言うのも長引いている原因です。
 これはこれで普段仕事では触らない部分の勉強にはなっていますので、いつか役に立つ事もあるでしょう。(ほんま?)
 
 さて、本題です。
 NHKの7時のニュースの後は必ず民放バラエティに行く我が家にしては珍しく、今日はそのままNHKがかかっていました。
 その中でたまたまミツバチが天敵のスズメバチを撃退する場面があり、ちょっと危ない快感と言うかスカッとしてしまったのです。
 
 普段、集団でミツバチの巣を襲いに来るスズメバチのスパイに対し、逆によってたかってミツバチが襲いかかってボコボコにしてしまう場面で、そりゃ豪快と言うか爽快というか。
 最初は殴る蹴る(?)の連続かと思っていたら、説明を聞いていると何百匹のミツバチで覆い尽くす事でスズメバチを熱死させるのだとか。 へぇ〜、凄い!
 両者の耐える事ができる温度の差が2度ほど違うそうで、その微妙な差を利用した起死回生策な訳で、もともと判官びいきだとか、獣欲、じゃない、柔よく剛を制すだとかの精神が好きな日本人らしく、「いよっ、天晴!」と思わず日の丸のついた扇子をうちかざしたくなりました。
 
 ま、それがどうした、という話なのですが、弱いもんを甘く見ていると集団になったら怖いで〜っていう事なのかも知れません。
 いや、それよりやっぱりよってたかってヤクザをボコボコに袋にする真面目な労働者っていう図式が単におもしろかったんだろうなぁ...
 
 私はまだまだ俗物です>仏様

|

« チンドン・ハーレー | トップページ | 気になる人との距離 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いや、その通りです>内藤さん

 以前、NHK教育の「人間講座」で韓国講座をやっていて、その時の講師が「冗談でも韓国の若者と喧嘩をしてはいけません。 みんな兵役をこなしているのでなまじの日本人では歯が立ちません」と言ってたのを覚えています。
 その韓国人同士のマジ喧嘩ですからそりゃ凄かったでしょうね。
 でもそれで相手が逃げ帰るだけの余力を残すところも喧嘩慣れなんでしょう。

投稿: あやおば | 2006年5月16日 (火) 06時28分

>>「S2 WORKS」が転がっていますが

 S2理論はともかく、「S2 WORKS」ってなんじゃらほい、と調べてみたら、こんなのがあったんですねぇ>いんて
 DVD BOXのサウンド版と言うところでしょうか。
 また、機会があれば聞かせて下さい。
 一番好きなトラックは予告編に使われていた曲だったりして、これが交響曲版CDの最後のアンコールとして使われていたのは正直しびれました。

投稿: あやおば | 2006年5月16日 (火) 06時24分

こんばんは。
またまた です。
エヴァの話でもハチの話でも無いコメントなのですが、お隣の国、
韓国でのお話。
ある大規模なイベントで、スタッフやボランティアの方々が不眠不休で働いていた所にヤクザが何やらインネンを吹っかけてきました。
言葉が判りませんが、なんかショバ代とかそんな話だったように思います。
すると、ただでさえ不眠不休でイライラしてたあるボランティアの方がキレてしまい、そのヤクザとフルコン全開どつき合いの大喧嘩。そして天晴れ、ヤクザを撃退してしまいました。
目の前の出来事に僕などはもう唖然。
その方は一見おとなしそうなバリバリの一般市民です。
日本では考えられない事ですが、ひときわ熱い血潮の韓国人ならではの爽快活劇でした。
まあ、一般市民でもほとんどの方が徴兵によって軍事訓練を受けるのですから、現代日本人とは根本的に気合が違うのかもしれません。

大勢ででも、そんな輩に立ち向かってボコれたら爽快でしょうねえ。
カテゴリ的にどんどんズレて行くコメントですいません。

投稿: 内藤隼人 | 2006年5月13日 (土) 01時46分

ども、ご無沙汰しております。

エヴァの音楽と言えば、ウチに「S2 WORKS」が転がっていますが・・・ご入用とあらば(笑)

投稿: いんて | 2006年5月11日 (木) 21時45分

さらに気分よくなってもらいましょう。

そのスズメバチに勝てるミツバチは、もともと日本に居る日本ミツバチです。
一般的に養蜂業で飼ってる西洋ミツバチは、その戦法をもっていないためにスズメバチにより絶滅します。
よって日本の自然界には西洋ミツバチの自然な繁殖はほとんど無いようです。

投稿: DS | 2006年5月 8日 (月) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチの袋叩き:

« チンドン・ハーレー | トップページ | 気になる人との距離 »