« 友蔵にはなれるかも知れない | トップページ | 残念やったな>息子 »

Windowsでも使えるwebDAVフォルダー作り

 突然ですが、サーバーネタです。

 しかもいきなり核心からで、実はこれはいつも私がサーバーセッティング&トラブルでお世話になっているnamahageさんのサイトへのトラックバックの為です。

 意味不明の人には申し訳ありませんが、これもネット互助精神と言う事でご理解下さい。

 

 ということで、ここをご覧になって頂く事が前提です。

 

 WebDAVフォルダーをMac OS Xで作って利用している分には良いのですが、Windowsからはそのままでは利用できません。

 まず、Digest認証がうまく行かないので、時間の制限の為もあってBasic認証に切り替え。

 

 この時、元記事にある、

 

 <IfModule mod_dav.c>

 以下のうち、

 AuthType Digest →  AuthType Basic

 AuthDigestFile /Library/WebServer/.htdigest →

 AuthDigestFile /Library/WebServer/.htpasswd

 

 と、書き換えます。

 (後でDigestに戻す時もあるかもしれませんので元の記述は#でコメントアウトすると楽です)

 

 パスワードファイルを作る、

 htdigest -c /Library/WebServer/.htdigest WebDAV ユーザー認証に使いたい名前

 の部分はbasicではちょっと癖があって、

 htpasswd -c /Library/WebServer/.htpasswd ユーザー認証に使いたい名前

 

 になります。

 

 「WebDAVの記述はどこにいった!」、と思われるかもしれませんが、上記<IfModule mod_dav.c>以下の記述でちゃんと認識します。

 

 また、WindowsからwebDAVフォルダーにファイルをコピーするとき、日本語ファイル名のファイルはコピーできません。 英数半角の適当なファイル名に変えてからコピーして下さい。

 Mac OS Xからは日本語のファイルがコピーでき、それをWindowsマシンにさらにコピーする事は可能です。

 

 おかしいね〜。

 

 もちろん、Basic認証はDigest認証に比べてセキュリティ度が落ちますので、もしこの問題をクリアできる方はここでもnamahageさんのところでも結構ですのでご教授願います。

 

 これに四時間かかったのよ...

|

« 友蔵にはなれるかも知れない | トップページ | 残念やったな>息子 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 その後、namahageさんのサイトでコメントを貰いまして、Mac OS Xで作ったwebDAVフォルダーにWindowsからDigest認証が通らない点はOS Xに搭載のApacheの一部が古い事が理由だと教えて頂きました。
 日本語ファイル名ファイルが利用できないのも別の理由がありました。
 取り敢えずの応急処置としては私の方法で回避できますが、早いうちに完全な方法にトライしてみたいと思います。
 Windowsファンで「そんなことないぜ」と思っていた人がいたらごめんなさいませ。

投稿: あやおば | 2006年3月29日 (水) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsでも使えるwebDAVフォルダー作り:

» サーバー [EKAE]
サーバーに関するblog:業務用除菌・清掃タオル・モスコールタオル(300枚入) Camellia amplexicaulis [Customize]opera_exが欲しい [続きを読む]

受信: 2006年3月24日 (金) 06時39分

« 友蔵にはなれるかも知れない | トップページ | 残念やったな>息子 »