« A mecca from Ikanago | トップページ | Windowsでも使えるwebDAVフォルダー作り »

友蔵にはなれるかも知れない

 管理しているサーバーのセキュリティチェックをしていたら、あろうことかサーバーをスリープさせてしまいました。 あぁ、またこれで夜が明けたら三ノ宮に行かなくてはならないという... やれやれ。

 まぁ、設定の脆弱性を見つけられたから、ミスじゃないとはいえ。

 

 で、中途半端に時間が余って、またNHK教育で地学だとか日本史だとかを見てさらに中途半端な時間になってblogを書いています。 6時くらいになったら朝食のパンも買いに行かなくてはならんし。

 

 昨日は9年前に卒園した息子の保育園の同窓会。 普段ぶっす〜としている息子もいそいそ出かけたので、結構楽しんでいたようです。 でも我々としては親に会うのが楽しみなのです。

 雨の日も寒い日も毎日送り迎えして、運動会だバザーだ、署名だと仕事で疲れた体を引きずって、いわば子育てと言う戦場を共に戦った戦友みたいな親近感があります。

 

 大半が公立高校の発表前ということで、なんとなくその辺りが微妙な影を落としていたとは言え、ま、なるようにしかならんよね、とお互いを励まし合うのもこのメンツです。

 で、その間流れていた9年前の卒園式のビデオだとか、誰とも無く持って来たさらにそれ以前の写真とかを見ていると、自分の子供に限らずみんな可愛いの何の。

 はたと今の息子を横目で見ると、本当にこれの延長線がこれかいな、と思うくらいの差。

 そりゃ、もし今目の前にこれくらいの自分の子供が降って来たらもう猫可愛がりしかないぜ、何も叱らないぜ、なんでも買ってやるぜ、というくらいの可愛らしさでした。

 

 と、そこで気がついた。

 これぞ孫を見る祖父の感覚ではなかろうかと。

 私自身若い頃はむしろ子供嫌いと言っても良い程でした。 ただ、さすがに自分の子供ができるとそうでもなくなる様で、そのうち自分の子供との体験を通して他人の子供もそれなりに愛情を持った目で見る事ができるようになった気がします。

 

 そんな自分ですから、さて爺さんになっても孫を可愛がれるのか、なんてこともここに書いていましたが、いや、昨夜の体験でなれるだろう、くらいの確信は持てましたね。

 

 ムーミン・パパにはなりそこねたものの、ムーミン・ジジか友蔵くらいにはなれそうです。

 孫をダシにバカなプランを考えるのも何だか楽しそう。

 都合が悪くなったらボケたふりをすれば良いし、いや、それは今でも十分やってるか...

 

 でもまぁ、ここまで育てた親も偉いけど、育った子供も偉いのかも。

 そう思うとまだまだ子供真っ最中の下の娘をもっと可愛がろう、と思いました。

 

 と、書きたいところですが、片付けろ、宿題はしたか、はよ寝ろ、と言い続けるのでしょうねぇ。

 ま、それが親っていうロールなんでしょうけどね。

 やっぱりムーミン・パパにはなれまへん。

|

« A mecca from Ikanago | トップページ | Windowsでも使えるwebDAVフォルダー作り »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友蔵にはなれるかも知れない:

« A mecca from Ikanago | トップページ | Windowsでも使えるwebDAVフォルダー作り »