« osCommerce | トップページ | PowerBook G4 12in. »

ガン検査の結果がそのままになっています

 というメッセージが先日自宅の留守電に入っていました。
 確かに去年の夏に病院で健康診断を受けたとき、オプションで大腸ガンの検査も受けたなぁ、と思い出す。
 
 取り敢えず健康診断の結果は特に問題になる数値も出ず、大腸ガン検査の方は結果がさらに数日遅れて出て来る、ということだったで放置していました。
 まぁ、陽性ならほっといてでも連絡が来るだろう、と思えば半年放置していた訳ですが、改めて上記のメッセージが来るとちょっとビビります。
 
 本当にガンならそんなに長い間放置せんだろう、いやいや、問題が無ければ今頃連絡して来ないだろう、とかいろいろ思いながら授業の合間の休みの今日、その病院に電話してみました。
 すると、陰性(問題無し)なんだけど、事務手続き上、確認の署名が要る、ということが判明。
 本来は医師が結果を伝え、その場で署名するのが本式だそうですが、先方も気を遣って「どうしましょうか?」ということに。
 確かに署名だけにその病院に行くのは面倒だけど、安心料と思い、素直に「じゃ、今から行きます」と一件落着。
 
 ま、それだけだと本当に一件落着なんだけど、実は同じく半年前くらいに背中のあばら骨の間に小さいしこりを発見。 この時は、時々自分でも見失う程小さいものだったんだけど、徐々に大きくなって来て、丁度上記健康診断の面診時に聞いてみたら、一言、
 「整骨院に行って下さい」
 はぁ、さよか、外科じゃないのか、と思いつつそのまま放置。
 ただ、最近は事務所の椅子にずっと座っていると痛みは無いものの圧迫感が出て来たので、先日その病院の指示通り整骨院に行ったらエコー写真を撮った上で、
 「病院の整形外科に行って下さい」
 確かにエコーの写真を見たら皮のすぐ下に楕円形の固まりあり。 恐らく悪性ではないでしょうけど、という整骨師の話を信じつつ、今度は冒頭とは違う病院に行ったら、
 「MRI検査をしましょう」
 え?今頃は細い針みたいなのを刺して腫瘍が悪性かそうでないか判断するんじゃないですか?と聞いても
 「とにかく何があるのか確かめてから」
 ということで、結局MRIの予約とその結果を聞く予約を取るだけの為に四時間を浪費。 挙げ句の果てに、
 「場合によっては皮膚科かもしれません」
 と来たもんだ。
 
 この医師、パソコンが苦手なのか、私に向かっている時間より机の上にあるモニターに向かい合っている時間の方が長く、あれこれと同じところで悩んでいる様子でした。
 おいおい、医者の試験を通るくらいなんだろうから、それくらいのソフト操作くらい理解しろよ、と言いたくなるのをじっとこらえた私。
 
 ということで、本来は二件あるうちの一件が落着した、という話で、残りの結果は二週間後でございます。
 ま、悪性ならガン保険の申請をしなくちゃね、などと気楽に考えていますが、そんな気楽なもんじゃないんでしょうねぇ、となぜか半ば他人事のような気分、というのが本音。

|

« osCommerce | トップページ | PowerBook G4 12in. »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガン検査の結果がそのままになっています:

« osCommerce | トップページ | PowerBook G4 12in. »