« 時代は変わった | トップページ | Bonjour for Windowsって知ってる? »

Getting better so much

 最初に浮かんだ題名がちょっとまずいかな、と思い直して古いビートルズの一節に適当に置き換えました。
 
 先週の火曜から木曜日までずっとぐーたら+好きな事をやってたので、そろそろやらなあかんことを片付けにかかっています。 てなこって昨夜は徹夜でosCommerceのセッティングを事務所でやってました。
 もちろん最初から徹夜のつもりだったとはいえ、朝布団に入って昼休憩を挟んでまた寝たら17:00に目が覚めたと言う...
 そらちょっと寝過ぎやろ。
 
 最近家から事務所のサーバーに入ってそこからosCommerceが動いているサーバーに入ってというパターンで横着してましたが、やはり事務所でやっていると反応が早いのと画面が見やすいので久しぶりにがっちりと仕事が進んだという感じです。
 ということでいくつかの問題が解決し、懸案のSSL接続がMacと携帯からはOKでWindowsからうまくいかないという変なトラブルに取りかかっています。
 
 それはさておき、先週末はホームルームの後、現一年生にHG先生を加えて飲みに行きました。 このメンツでは二回目かなぁ。
 この学年は担任だった二年生よりもっと元気で、思い起こせば男子の方が女子より弾けていたのは今の二年生位で、それ以外は今の一年のように女子の方がずっと元気だったような気がします。 そう思えば単に例年通りに戻っただけなのかも。
 何にせよ男女問わず「良いもの作りたい」という熱意が表に出てるのが良いですね。 芸大系なんて「なんであいつのほうが俺より評価が上なんだ」とかで大もめになったりするくらい熱かったりしますから、他人を傷つけない限りであれば、こういう姿勢はもっと前に出してやってもらいたいものです。
 
 教える方も気がつけば生徒の親と同世代になり、下手すると親よりもこっちのほうが年上だったりで、いよいよ中年全開、老年ゲートもコーナーの向こうに見えて来たわけです。 恐らく腐敗臭、じゃなかった加齢臭も徐々にではあるものの確実に勢力を伸ばしているだろうけど、そのかわり見えてくるものがあったり、それなりに力も付けているのも体感しています。
 その後者の方をできるだけ学生の方にはフィードバックして行くので、是非ついて来てもらいたいし、もっともっと力のある学生を呼んで来たいですねぇ。
 
 まぁ、別に権威主義には興味は無いものの、現役にとっても卒業生にとっても「あぁ、○○のグラフィック出てるんだったら優秀だね」と言われるような中身は作って行かないと、と珍しく年度替わりに密かに決意している私でした。
 
 しかし、今年の一年は惚れたはれたが多かったですねぇ。 それも表で堂々と。
 特に家を離れて一人暮らしというのが寂しいというのは解るけど、二年くらい恋人がいなくてもそのパワーを作品に入れ込んだら、と思うのは大人の勝手かなぁ、と生徒と話していました。
 でもダルそうな付き合いしてても良いもの作る奴はいるかぁ、とあれこれ今思い出すと、決して恋愛が創作をダメにするとは言い切れないとも思ったり、裏を返すとそういう青春真っ盛りの世代を教えているんだとも再確認。
 
 まぁ、贔屓抜きでここ数年、うちの学生のレベルはずっと上向いているのは事実で、少子化の中、新入生への期待と不安もありつつ、徐々によくなっているってのが今回の題名でした。

|

« 時代は変わった | トップページ | Bonjour for Windowsって知ってる? »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Getting better so much:

« 時代は変わった | トップページ | Bonjour for Windowsって知ってる? »