« 阪神優勝 | トップページ | 本なぁ... »

DTP検定

 昨日、新大阪駅で買ったスポーツ紙5紙セットを携えながら登校すると日本経営協会というところから封書が届いていました。

 そうそう、先の夏休み中に学生が受験したDTP検定の結果報告です。

 

 結果は29名中10名の合格者で、合格率は34%。

 この試験対策は昨年度から行い、たった8ヶ月教えただけの昨年度の学生で15%の合格率。 16ヶ月教えた現在の学生がこの数字ですから、まぁまぁかな、というところです。 さらに今年度の学生は来年2月にも再度チャンスがありますので、最終的には半分程度の学生が合格してもらいたいものです。

 

 もともとクリエイティブ系に検定試験というのはあまり乗り気ではありませんでした。

 しかし10年前と違って、パソコンでグラフィックデザインができます、という生徒は今や珍しくもなく、正確には数えていませんが、恐らく関西だけでも1000人くらいは毎春新卒として出てくるのではないかと思います。 全国ならもっとですね。

 

 もともと単にPhotoShop、Illustratorが触れます、ではなく、印刷や製本の知識、パソコンOSの違いなどの基本的な知識を身につけておいた方が良いというのが持論でした。 これはせっかく業界に就職ができても、歳をとるとともに単に給料だけの問題で簡単にクビにされる事が多いグラフィック業界の嫌らしさを知っている為で、数名クビになる中で「あいつは残さないと仕事が進まない」と言われる為に、というのが生徒への説明です。

 だからオペレーターとしてのI種ではなく、ディレクターの為のII種を選んでいます。

 

 とはいえ、履歴書もって行くだけでそこまでの知識があるかどうかは客観的には解らない為、検定と言う手段を選ぶ様になった訳です。

 

 DTP検定自体、実際にデザインや印刷の現場に入れば合格しやすくなります。 しかしその業界に入るのが一苦労な訳で、学生のうちに知識を身につけていれば、現場に入ってからも苦労が減るだろうし、さらに経験値を加えて独自の能力にできるだろう、と期待しています。

 

 今回のテストは夏休みの最中だった為に、こちらも学生も直前に登校して対策授業をやったりと、それなりに大変でしたが、合格した学生、おめでとう。 惜しくも合格できなかった学生、もう一度チャンスがありますから頑張って行こう!!!!

 

 と、今日は清々しいメッセージでした。

 

 で、今から飲みに行きます。(おいおい、採点はどうなった)

|

« 阪神優勝 | トップページ | 本なぁ... »

学問・資格」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTP検定:

« 阪神優勝 | トップページ | 本なぁ... »