« 日本航空はどこへ飛ぶ | トップページ | プロ野球審判の限界 »

選挙と台風

 幸いな事に大阪は直撃を免れそうなものの、九州地方を中心に大きな被害を巻き起こしつつ、今も台風14号は北上を続けています。
 
 カトリーナの事もあるので、念のための食料の準備などで昼過ぎから積極的に、まずは車で動き出しました。
 米は義父から貰っているし、と袋を見たら玄米のままだったのでまずはコイン精米所へ。(この辺りにはなかなかない) 次に万が一の移動手段になる車のガソリンを満タンに。
 
 こういうときオールドメディアだなんだと言われつつも、AMラジオ、それもNHKが頼りになる。
 ところが政見放送と重なって、思った様に台風情報が入らない。 いつもならしつこいくらい気象情報をやっているのに。
 今(23:30ごろ)もNHKのTVをつけてみるとこれまた政見放送をやっている。
 
 人とは我が侭なもので、今欲しい、というものが手に入らないと機嫌が悪くなるのが普通。 思わずそのときたまたま出ていた候補者に「おまえの話なんか今聞きたないねん」と八つ当たり的反感も。
 
 これだけ被害が出ると新聞もその報道に割く訳で、本来なら選挙分析や各地方や問題ごとに掘り下げた特集などが入る部分が影響を受ける筈です。
 
 どちらが得、というわけでは決して無く、結局どちらにとっても中途半端な印象を受けるこの季節の台風でした。
 
 確か政見放送は一切編集を加えてはならず、予定通り放送しなくてはならないと決められている筈ですが、例えば昨夜から今日にかけて九州地方ではどういうタイムテーブルになってたんでしょうね。
 もし放映予定変更ができないのであれば、地震などのさらに大きな災害の時にはどうなるのかという疑問も湧いてきます。
 
 過去に一度、市会議員候補の運動を手伝った時があり、もちろん雨でも休まず短期集中をこなしました。 しかし手を振ろうと窓を開けるとズブズブになるし、悪天候時がやりにくいのは事実です。 当然有権者も候補者のメッセージを聞いている余裕もありません。
 地域により差があったとは言え、今回の衆院選の関係者にとっても文字通り水入りになったことは間違いが無く、これがどう結果に出るかが気になります。
 
 予想では自民圧勝だそうですね。 ま、それが民の総意であれば仕方ありませんが...

|

« 日本航空はどこへ飛ぶ | トップページ | プロ野球審判の限界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙と台風:

« 日本航空はどこへ飛ぶ | トップページ | プロ野球審判の限界 »