« プロ野球審判の限界 | トップページ | たまには定番 »

iPod vs Walkman

 今週辺りになにかAppleから新製品が発売されるだろう、という噂は耳にしていたものの、iTunes storeのオープンと同じくこれまたテレビのニュースでiPod nanoの発売を知りました。
 あぁ、そう来たかぁ、フラッシュメモリータイプが出るだろうとは思っていたけど、shuffleやソニーのNW-A60xの様なスティックタイプかな、と何となく想像していただけに、初代iPodのイメージを引き継ぎながら、auのtalbyと似た香りのするテイストでデビューさせたのは軽い驚きと、相変わらずソツが無い戦略だと感じました。
 
 個人的には学校と家の提出データの往復があるので容量的にまだ小さく、愛用の二代目と入れ替えるには至らないものの、iPod miniを持っている人は気になるでしょう。 ただ、デザイン的にminiが陳腐化した訳ではなく、あのアルミの手触り、色感など、nanoと入れ替わりに生産中止にしてしまうのはもったいないと正直思います。 それはAppleでも議論があったところでしょうが、それでもあっさりやめてしまうのもAppleらしいのかも。
 iPod人気を羨む他メーカーにしてみたら気分が悪いというか、「いらんのならそのデザインくれよ」というところかもしれません。
 
 一方、何かオーディオのフェアがあった訳でもないのにソニーから時を同じくしてハードディスクタイプのウオークマンNW-Ax000が出たのは、製品そのものよりもそのタイミングの一致に驚き。 で、その製品をテレビで見て、あまりの醜さにさらに驚き。
 NW-A60xは独創的で、かつiPod shuffleではなし得なかった文字表示を可能にする等、さすがソニー、負けてないな、と思ったのに、です。 デザインの感想だけにあくまで好きずきと前置きしながら、一言で言うとアメリカのゲームセンターのオマケ的な造形と色、質感で、ソニーファンとしては、どうしたのよ一体?大丈夫?と思わず心配になる程でした。
 
 当然私の軍配はiPod nanoに上がり、iPodを奇麗なお姉さんと呼ぶなら、NW-Ax000はデブのキャバクラ嬢と評させて頂きます。
 
 とはいえ、ずっと密かに期待していたMotorolaのiTunes対応携帯ROKRには同じくがっかり。 勝手な思い込みとは言え、RAZR V3のようなものを想像していただけに、本当にがっかり。
 これならもし日本発売されても今使っているDoCoMoのpremini(SO213i、そうこれはソニー(エリクソン)製)を置き換えるには至りません。
 しかもROKRは画面のフォントも汚い。 iPodの英語版表示の美しさを作ったAppleがあの文字をよく許したもんだと思います。
 
 と、ここまで書いて、上記ソニーとauのクソ重たいFlashのサイトは何とかならんものかと。
 MotorolaもFlashを使っている部分があるけど、ちゃんと「skip」ボタンがついている。 ところが最近は日本のFlash使用サイトでskipボタンがついていないのが増えてきたような気がする。
 あれは「絶対に俺のデザインを見ろよな」というwebデザイナーの奢りというかマスターベーションの青臭い匂いがして嫌。 画面の枠を超えた広々としたwebサイトデザインはわかりますが、あれだけでかいオブジェクトに透明度変化をつけるといくらブロードバンド環境が進化してもちょっと遅めのパソコンだとノタノタして結局美しく見えません。
 その点、AppleのサイトはFlashは使わず、特に「何かを知りたい!」と思ってブラウズする時にストレスが溜まる事が無いのは、さて特に日本のFlash愛用webデザイナーはどう考えるのでしょうか?
 
 デジタル・バリアフリーって言葉知ってます? 色々な人が色々な環境でweb見てるんだよ。

|

« プロ野球審判の限界 | トップページ | たまには定番 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/5865185

この記事へのトラックバック一覧です: iPod vs Walkman:

» iPod nano詳細フォトレビュー [iPod portal]
9/8発表のiPod nanoをいち早く入手しましたので、写真付きで詳細レビューします。 iPod nanoは白と黒の2色、容量は2GBと4GBの2種類。 悩んだ末、今回は黒2GBを購入しました。... [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 12時52分

« プロ野球審判の限界 | トップページ | たまには定番 »