« 大阪100円生活 | トップページ | 爪の修理 »

そろそろ現実を直視したら?

 数十年ぶりと言われる夏の甲子園大会連覇を成し遂げた駒大苫小牧高校が暴力事件で揺れています。

 今回は大会直前に四国の明徳義塾高校が出場辞退になっており、そろそろ関係者は現実を直視したら良いのに、と改めて感じました。

 

 私が子供の頃から高校野球の形容詞や解説には「純粋」「純血」「教育」などということばが連呼され、とにかくピュアで混じりっ気の無い世界であると言いたげであるのが気になっていました。 それは私自身が高校生であるときも、その後歳をとって今に至るまでもずっと引っかかっている部分です。

 

 これを読まれている皆さんも自分が高校生だった頃の野球部や運動部を端から、時には中から見て、そういう表現に違和感を持たれたのではないでしょうか。

 もちろん彼らが不真面目である、というつもりはありません。 どのジャンルにせよ、全国大会というのは生半可な努力では到達できるものではない事にはなんの異論もありません。

 

 ただ、そんな彼らが非暴力、無非行の純粋な世界から生まれ来た、また、そうあるべきだと言う枠組みが嘘だ、と言いたい訳です。

 今回の苫小牧は特に、生徒間ではなく指導するべき立場の部長自らが暴力を振るっている事が特に問題視されています。 はて、運動部で本当に暴力指導が無いと高野連やその他スポーツ協会の人間は思っているのでしょうか。

 恐らくそう言う団体の人はそのスポーツで頑張って来た人であり、まさしくその世界を知り尽くしている訳で、それが「暴力はいかんよ、うん、あってはならん」と本当に思っているなら彼らは全員偽物としか思えません。

 

 筋肉や反射神経が通常の運動範囲を超えた部分を刺激する事により成長する生物的理由がある以上、スポーツ訓練というのは体を虐める事を避ける事はできません。 要はそのやり方です。 

 だけど、全国のピンからキリあるレベルの運動クラブや団体で、一流のアスリートのような金と暇がかかる上質な「肉体虐め」ができる訳も無く、いきおい暴力的、圧力的な指導に流れるのは事実上避けられないと私は思います。

 

 また、別の視点から、これだけ家庭と子供が荒れる中で、喫煙、喧嘩、淫行、万引き等、成長期の誰にでも起こりうる可能性をスポーツマン(ウーマン)だけが無条件に回避できるわけもない。

 もちろん、本当に中高校生から将来はプロへ、と目標を定めている子供はそんなことをやっている間は無いし、特に喫煙は体力を簡単に落としてしまうのでそんな自殺行為に手を染めないでしょう。 ただ、そういう子供が全員、目的を達せられる程世の中は幸せではないので、落ちこぼれた時にそういう甘い誘惑に却ってはまりやすいのも想像できます。

 

 かと言って何でもやりたい放題の生徒を、ただスポーツに秀でているだけで、例えば野球なら甲子園に出させて良いわけもありません。

 ただ、その建前を通すのであれば、本音として荒廃する教育現場をどう捉えるのか、どう指導するのかも併せて考えないと、今後、全てが辞退で大会不成立という漫画のような事態にも繋がりかねないと思います。

 多くの高校生のスポーツの中で高校野球は飛び抜けて注目度も高く、マスコミの扱いも破格であり、その影響力は他のスポーツの比ではありません。 しかしマスコミ自体も興行的な立場から小奇麗なコピーで飾り立てすぎているのではないか? そしてその嘘くさい箱の中に無理矢理青春真っ盛りの生ものを詰め込んで来たのではないのでしょうか。

 

 「それを言っちゃぁおしまいよ」と臭いものにフタができた時代はもう終わろうとしているのです。

|

« 大阪100円生活 | トップページ | 爪の修理 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 コメントまで頂きありがとうございます。
 その後もポロポロと新たな事実が漏れ出して来ているようですね。
 社会的な問題はもちろんはっきり決着を付けるべきですが、当の選手たち、応援した人たちの気持ちは何を持っても補えないでしょうねぇ。

投稿: あやおば | 2005年8月25日 (木) 23時16分

色々と波紋を呼んでいる駒苫問題。
諭す立場の部長が暴行を働き、その事実を隠蔽した学校。
事件が発覚した時点で高野連に報告をしていれば、大会期間中でもあり特例措置で部長の謹慎で済んだことでしょう。
隠蔽したばかりに大騒動に発展してしまいました。

これを契機に暴力的指導は見直されることを願っています。

投稿: ひとり | 2005年8月25日 (木) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ現実を直視したら?:

» 部長さん 正直に言いなさいよ [ひとりの独り言]
「10回はやった」と訂正 暴力の駒大苫小牧野球部長 (共同通信) - goo ニュース 駒澤大学・駒澤短期大学の設立の目的は「仏教の教義並びに曹洞宗立宗の精神に則り学校教育を行うこと」にあります。 この教育目的を遂行するため、本学では禅の精神に基づく「行学一如」の理念を教学の基本としています。 部長さん 分かるよね。駒沢大学の理念だよ。御仏は見ています。 この部長は02年からコーチをし、本年4月より部長に就任。 6月の... [続きを読む]

受信: 2005年8月25日 (木) 00時21分

« 大阪100円生活 | トップページ | 爪の修理 »