« 田舎は暑い? | トップページ | You'd be so nice to come home to »

国民新党?

 なる新党が結成される事になりました。

 私が覚えている一番古い新党結成は新自由クラブでしたが、その後様々な政党ができても結局整理統合され、さらに名前が変わったりして結局残っていない、というのが感想です。

 

 さすがに虐められっぱなしに耐え切れなくなったのか、綿貫氏や亀井氏を中心についに反撃の牙をむく、ということなのですが、さて...と私の生来の対政治ひねくれ根性が頭をひねらせるのです。

 

 国民新党に参加するのは今のところ当然ながら殆どが自民党からでしょう。 であれば、政治とは数なり、という哲学は身に染みてわかっている筈。 それが仮に目標通り二十名集まっても何ができるのか、限界もお判りの筈。

 また、今頃急遽集まって、何を持って党是・公約とするのか決められる訳が無い。

 

 選挙予測のプロではないので次回選挙の結果がどうなるかは私にはわかりません。

 ただ、恐らくは元祖自民党も恐らくは議席減になる筈。 なぜなら選挙準備の時間が短すぎる。

 

 今までなんだかんだ言っても公明党と別れなかったのはその選挙時の盤石たる支援体制にあるわけです。

 今回も相当な期待がかかっているし、公明党が自民党反乱軍を地方でどう扱うかについて自民正規軍が今ひとつきついことを言えないのは、偉そうに口を挟んで怒りを買うのが怖いのでしょう。

 その公明党ですら、普段なら数ヶ月かけて誰にどれだけ投票させるのかの話し合いを、今回は数週間でやらなくてはならないというのは大変、と報道されています。

 とは言っても、公明党の議席数を確保する事は最大のノルマですから、そこはなんとかまとめあげるとして、割を食うのは自民党。

 

 と、言う事で、結局自民党+公明党で衆議院で過半数を維持する事は難しいのではないかと私は想像しています。

 となると、結局「もとは同じ飯を食っていた」とか「過去の事は水に流して」とは言いつつ国民新党も連立与党入りし、なんだ、結局もとのままかよ、となるのではないかと予想。

 結局そういう風にして新自由クラブも保守党も自民に無理無くとけ込んで無くなっちゃったもんねぇ。

 あの結成時の鼻息はなんだったんだろう、と。

 

 小泉率いる正規軍が勝てば郵政民営はもちろん、サラリーマン控除や増税、消費税率アップ(これは時期総理大臣で実行)まで国民の信任を得た、と拡大解釈されてますます邁進、反乱軍は与党の数の魅力に取り込まれて同時に武器もおろして大団円。

 

 なんだ、結局何にも変わらない。

|

« 田舎は暑い? | トップページ | You'd be so nice to come home to »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 そうか、まだ公式ページってのがないんですね。
 個々の信条は別として、選挙を盛り上げるって大事です。
 盛り上がって興味を持って是非投票に行きましょう。>ALL

 投票に行かないと政治について愚痴る権利は無い、と信じてせっせと通ってる私です。

投稿: あやおば | 2005年8月18日 (木) 08時42分

選挙を盛り上げる為に国民新党のHP作ってみました。

国民新党 非公式HP
http://kokuminsintou.fc2web.com/

投稿: 国民新党 非公式HP | 2005年8月18日 (木) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民新党?:

» 思考停止タカ派議員凋落として見る衆院解散 [minow175の拉致事件と北朝鮮情勢のブログ]
今回、自民党からはじき出された郵政民営化法案に反対した議員の顔ぶれは、平沼 赳夫、古川禎久、城内実氏ら人権擁護法案にも同時に反対しているメンバーだった。 彼らの人権擁護法案反対論は、概して的を得ておらず、彼らの多くが拉致議連の幹部をも歴任している。 彼らが... [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 14時18分

« 田舎は暑い? | トップページ | You'd be so nice to come home to »