« いわゆる脂の載った演奏 | トップページ | ようこそ日本へ、iTMS »

NHKの値打ち

 今朝の朝刊でNHK受信料支払いを拒否している人が117万人に及ぶとありました。

 まぁ、うちの姉夫婦は公務員でありながら、もう数十年受信料を払っていませんから、そういう長年の猛者を含めて最悪100億円だそうで、NHKにとっては大問題でしょう。

 

 払わない人に文句を言うのは避けますが、117万人、本当にポリシーを持って不払いをしているのだろうか?という疑問がずっと拭えません。

 ずっと支払っていない姉夫婦は「ニュースくらいしか見ない」と平然と言い放ちますが、それ自体がおかしいと気がつかんのか、と私は思うんですがね。 まぁ、完全に見ていないのなら仕方が無いとしても。(厳密にはテレビ一台に支払い義務が生じる法律になっているので見てる/見てないは関係ない)

 

 次に、こうして多数の不払い者がいる、という報道を見て「なんだ、こんなにいるのか。じゃ、うちも不払いにしよっと」というプロデューサーや体制に特に不満があるわけではない、いわゆる便乗組が相当いるのではないかと。

 また、NHKもアホな事にほとぼりが冷めた頃にまた新たな不祥事が発覚するものだから、他人事とは言え人海戦術で説得に回っている職員が気の毒になります。

 という風に、私にとってNHk受信料不払い問題は、今回の一連の不祥事以前から「なんだかなぁ」なのです。

 じゃ、どうしてうちはすんなり支払っているかと言うと、払うに値する、と納得してるからです。 

 ニュース、ドキュメンタリー、何より深夜のNHK教育は脳みその奥深いところを刺激してくれます。

 さてここからが一番見たい、というところでCMが入ったり、復帰後また同じ場面を延々と再度流すという事も無く、何より外部プロダクション丸投げのバラエティ番組が無いのが気持ちいい。(おかげで視聴率が稼げる、というだけでしゃしゃり出る私の嫌いな吉本芸人も見ずに済む)

 

 これらのコンテンツの為であれば、私は本当に納得しているし、逆に無料で見られる代わりにスポンサーが必須な民放のありかたも納得もできます。 少々皮肉っぽい口調ながら「だって民放だもん」と。

 でもこういう無料視聴時代はデジタル地上波の時代になると変わるらしい。 既にNHKはBSデジタル契約をしていない人には画面上にでかでかと「未契約です」というメッセージが出るらしい

 だからNHKは嫌いだ、と言ってる場合じゃなく、民放すら賢いHDレコーダーのおかげでCMを飛ばされるなど、スポンサー離れを招きかねない事態が無視できなくなると、民放もお金を払って見て下さい、となるかもしれない、というのを読んで驚きました。

 

 テレビのみならず、パソコンのソフトやCD、DVD、すべてP2Pソフトで盗むのが特に若者を中心に罪の意識無く当たり前に行われる様になっている今、良いコンテンツには金を払う、という考えを持たないと、そのうち我々の文化は砂漠化してしまう、と真剣に懸念。


 だいたい、好きなアーティストが金に困るのが見たいのかなぁ。 好きなら金払って支援するってのがファンだと思うけど。 

 以前、日本でも有名なジャズのMJQのメンバーが、有名になっても生活は辛かった、という記事を見て、好きなものは仮に最初はコピーで出会っても、いつか本物を買おうと思った事があります。


 ズルして自分だけセコく儲けるって小さい頃から嫌い。

|

« いわゆる脂の載った演奏 | トップページ | ようこそ日本へ、iTMS »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKの値打ち:

« いわゆる脂の載った演奏 | トップページ | ようこそ日本へ、iTMS »