« 嵐の前の? | トップページ | 白い闇 »

嵐の後の?

 心配された台風7号も大阪は幸いコースから外れ、風が少々強めに吹いた程度でした。
 一方で私の仕事の嵐の方も本日、本題がコースを外れ、難なく終わりました。
 
 経緯を紹介しますと、月曜日にかつての教え子からLinuxのサーバー設定に詳しいか?という電話あり。
 詳しくないけれども、Max OS XがUNIXベースなので知っている限りで答えると、一度サーバーを見てくれないか?との事。
 いや、Mac OSのUnixとLinuxは微妙に違うし、と言えども、どうやらそいつの顔もあるようなので取りあえず火曜日に会う事に。
 当日、その元教え子と彼にHelpを発信した人と待ち合わせると、いきなりその取引先に。 着くなり、トラブルが起きているサーバーの仕様書を渡されて、「じゃ、お願いします」と。
 
 元教え子の立場もあり、また、加えて先方の担当者は随分前にこれまた教えた事がある卒業生。
 いえいえいえ、話が違いまっせ、と逃げる訳にも行かず、取りあえず木曜日に準備を整えて再度、とまとまる。
 でも、関係者に動揺が走っている。 理由を聞くと、金曜日に正式スタートだという。
 そりゃなんぼなんでも危険、ということで水曜日(本日)の夕方に繰り上げ、慌てて昨日資料を揃えたようなドタバタ劇。
 
 まぁ、Mac OS Xで少しはコマンドラインでの設定もやっていたので、当日問題のサーバーにSSHでログインして検証を開始。 MS-DOSのコマンドラインが嫌で20年前にMacに移ったのに、今更CUIで仕事をするとは何とも皮肉。 各コマンドなんて覚えている訳が無いので、リファレンスマニュアル片手にカチャカチャカチャ。
 
 しかし、どうしても直らないし、どうみても仕様書通りになっていないようなので気分転換にトイレ&ニコチン休憩に行っている間に事態は急変。 電話で関係者たちが連絡を取った結果、どうしてもサーバー内に必要なファイルを、サーバー業者が入れていなかった事が判明。
 
  「そら、あかんはずや」
 
 結局私の解決できうる問題ではなかったので、私と最初に私を紹介した元教え子のメンツも潰れずに済み、間接的に原因の特定にも寄与できて交通費+必要経費+αの支払いも受ける事に。 でも何となく判定勝ちと言うか不戦勝というか、後味のすっきりしない嵐となりました。
 
 元はと言えば、そのファイルを入れ忘れた業者が変な理由で設定の最後を放棄したのが原因で、さらにその後も妙に誰もが責任を取ろうとしなかった結果がこういう事態を招いたのは明白で、しかして仕事の大元の金額は相当な金額であり、そんな規模の仕事でも相変わらずいい加減で、相変わらず誰かが現場サイドでケツ拭きに回って動いている業界なんだなぁ、と改めて実感した次第。
 
 しかし、コマンドラインでの作業は例えて言うと大規模インターネットサイトのhtmlファイルを全て手書きのタグでやるようなもの。
 で、最後に関係者に言った言葉。
 「今後新たにサーバーを立てる事があるなら、Mac OS X Serverにしましょう。」

|

« 嵐の前の? | トップページ | 白い闇 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/5180310

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の後の?:

« 嵐の前の? | トップページ | 白い闇 »