« 抱きしめること・抱きしめられること | トップページ | I'm only sleeping »

タイピングがおかしくなってきた

 最近こうして文章を書いていると、どうもタイピングが下手になっていることが気になります。
 
 もともと私はタイプライターで英文配列を覚えた為、ワープロのローマ字入力に移行するのは大して苦痛ではありませんでした。 ただ、いつまでも自己流じゃなぁ、とMacを最初に買った時に少々苦痛でしたがタッチタイピングを真剣に覚えました。
 おかげでニフティのRT(リアルタイム会議:今のチャットみたいなもの)にはまっていたときでもキーボードを全く見ずにガンガン入力できるようになった訳です。
 
 ところが最近特に右手が無茶苦茶になって来たようです。
 右利きの場合、もともと左手はそれほど器用じゃないので、一旦覚えた指運びをずっと覚えています。
 が、右手は器用さが災いして、時に人差し指や中指が勝手に他の指のテリトリーを侵して出しゃばるうちに、本来の指運びが疎かになってきたのかもしれません。
 
 元々右手は左手に比べてリターンキーを押す度に若干とはいえホームポジションからずれますし、加えて「ー」キーが遠く、かつ外来語を良く入力する私はその度に変な指で適当に音引きを入れるものだから、それが右手の混乱の一因にもなっていると思えます。
 
 そう言えば昔のマッキントッシュのキーボードは左手は"D"、右手は"K"のキーに小さなポッチがあって、中指をそこに置いて、二列を受け持つ人差し指をその中指を基準に動かすことができました。
 ところが、これはパソコンのキーボードの世界では異端であったようで、MacもWindowsユーザーとの折り合いを考えたのか、単にコストだけの理由か、いつのまにか"F"と"J"にポッチがつくようになり、これも中指と人差し指の役割分担が曖昧になる遠因だったのかもしれません。
 
 とはいえ、欧米人がパソコンを叩いているのを見るとでたらめな人も多いし、中には両手の人差し指のみで仕事をこなしている人も見かけます。 だから気にしなくても、と言う人もいますが、やはり頭で考えたことに指がついて行かないというのはイライラします。
 
 これではいかん、と右手の指運びを意識するとまたおかしくなるわけで、しかしいつかきっちりと戻さないとずっとこのままだし、とここ暫くずっとささやかに悩んでいます。
 
 これとは関係ない話ながら、私はずっとUS配置のキーボードを使っています。
 これは最初に買ったMacのキーボードが原因で、さらに「キートップに使いもしないかながあるのは美しくない」という理由でずっとそのままになっています。(Appleのサイトで買えばUSキーボードのセットが選べます)
 しかし、世間一般はそうではない訳で、学校や他人のパソコンを触る時にはそれがあだになり、@, ", ;等を入力する度にお〜っとっと、と苛まれます。 まぁ、これはタッチタイピングがおかしくなる程には触っていないので原因ではないでしょう。
 
 タッチタイピングを覚えた時には自転車のように二度と忘れないもんだと思っていたんですけどねぇ...
 むしろ楽器の練習を一日サボると指が動かなくなる、というのに似ているのかな。

|

« 抱きしめること・抱きしめられること | トップページ | I'm only sleeping »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/4859061

この記事へのトラックバック一覧です: タイピングがおかしくなってきた:

« 抱きしめること・抱きしめられること | トップページ | I'm only sleeping »