« ジョニ・ミッチェル | トップページ | それでも待ってる夏休み »

チマチマとした不幸

 爆睡モードから突然目が覚めたら今日があと1時間しか無い状態。
 約束していた学生のバイトの件を時間が遅いので少々気が引けつつ携帯メール等をしていたら、あと30分。
 
 という事で今日、帰りの駅の改札をでたところで煙草を買ったときの小ネタしか思い浮かびません。
 
 消費税導入後、主婦の財布以外にも一円玉やら五円玉がごろごろするようになりました。
 何かを買うとき、そういう小銭、特に一桁目の端数がきれいにに払えると何となく幸せな気分になりませんか?
 逆にたった一円足りない、あと十円あれば、という悔しさ、おかげでポケットの中にじゃらじゃらと9やら8個の小銭が戻って来てしまうと、何となく「あ、俺って不幸」と思ってしまいます。
 で、それが何故か続くと、大した事ではないと思いつつ、最近やっぱり人生ついてないとまで思い込んでしまう事があります。
 今、私がそう言う状況です。
 
 あと1円あれば... とローソンで今日もそう感じてしまいました。
 あと10円あれば... と自販機の前で今日もそう感じてしまいました。
 
 ヒロシです。 あ、ちゃうちゃう。
 
 昔、高校時代に非常に頼りにしたくろすとしゆき氏の服装の本に「男は小銭入れを持つな」という下りがあり、なんでも、いつもいつも小銭入れから親指と人差し指でチマチマと硬貨を出している男性を見た婚約者が婚約破棄をした。 その為に、男性用のズボンにはチェンジポケットというのがついているのだ、とかいうのが妙に気になって、以後、小銭入れを使っていません。
 それは今でも継続しており、お陰で小銭が増えると妙に右ポケットの辺りが重いのです。
 だから結構小銭のこまめな整理は必要なので、結構どうでも良い事ではない事だったりします。
 
 ま、今入力しながら考えてみるとそうやって端数を考えながらいつも払っている男もチマチマしてますね...
 
 あ、あと10分で今日が終わる。 推敲している間が無い...
 やっぱり不幸?

|

« ジョニ・ミッチェル | トップページ | それでも待ってる夏休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チマチマとした不幸:

« ジョニ・ミッチェル | トップページ | それでも待ってる夏休み »